コラム
70Views
1
読み込み中...

ワイン・エンスージアスト誌で高得点を獲得した!3000円台中心のおすすめワイン9選!【ソムリエ厳選】

ワイン・エンスージアスト誌で高得点を獲得した!3000円台中心のおすすめワインのメインビジュアル画像

新しい土地に旅行に行く時には“どこが人気のお店なんだろう?”“どんなお料理出してて、どんな内装なんだろう”と食べログやミシュランを参考にされる方は多いのではないでしょうか?
新しいワインを探す時も同じ!世界で評価が高いものは勿論知っているけど、競争相手が多すぎてどんどん値段が上がっている…。そんな時に、旅先のタクシーの運転手さんのオススメのお店を聞くようなイメージで助けてくれるのが地元のワイン評論誌!本日は、アメリカの世界でワイン・アヴォドケイトやワイン・スペクテーターに継いで著名な評論誌“WE誌”ワイン・エンスージアスト誌の高評価ワインをご紹介したいと思います。
エンスージアスト(enthusiast)とは”熱狂的な支持者“というような意味合いで、まさにワイン熱狂的支持者の為の評論誌。いつも見るランキングに代わり映えがないな…と感じている方にも一度目を通していただきたい9選です!
この記事の目次

※当サイトで掲載しております「参考価格」「Amazon獲得予定ポイント」「Amazonプライム:送料無料」は出品者の設定により変動する場合がございます。予めご了承ください。詳細につきましては各ワインの購入ページよりお確かめくださいますようお願い申し上げます。

ワイン・エンスージアスト誌のおすすめワイン1.ピエロパン ソアーヴェ クラッシコ カルヴァリーノ 2017

甘口☆★★★★辛口

“クリュ・ソアヴェ”を初めて手掛けたピエロパン誇りとも言える畑”カルヴァリーノ“。1970年代当時はクリュの概念が存在していなかったソアヴェの地で、一から単一畑によるワインを手掛けたは、このピエロパン!今でも彼らの誇りとなっている畑は、標高200〜300メートルに位置する火山質土壌でミネラル豊富の上に、樹齢は30年から60年と、とても長く深みのある白ワインに仕上がっています。どこか、世界的にリーズナブルなイメージのあるソアヴェですが、本物のソアヴェを飲みたい方に是非試していただきたいオススメの1本です。

  • 1

ピエロパン ソアーヴェ クラッシコ カルヴァリーノ 2017のまとめ

参考価格 3,201円
ヴィンテージ 2017
ワインカテゴリー 白ワイン
味わい 辛口
生産国 イタリア
生産地域 ヴェネト州
ワインの香り 爽やかな柑橘と軽やかな白い花の様な香り
受賞経歴 ワイン・エンスージアスト 96点(2015ヴィンテージ) / 2018年にはワインエンスージアストが選ぶ「世界のワイン100選」で堂々の第6位!ワインエンスージアスト95点(2017ヴィンテージ)/ ガンベロロッソで3ビッキエリ獲得(2018) / ジェームズサックリングで94点(2017) / ガンベロロッソ2020で3ビッキエリ獲得(2017) / ワインエンスージアストで96点(2015) / ガンベロロッソ2018で3ビッキエリ獲得(2015) / ビベンダ2018で5グラッポリ獲得(2015) / エスプレッソ2018でソアーヴェ部門第1位獲得(2015)
ブドウ品種 ガルガネガ70%、トレッビアーノ・ディ・ソアーヴェ30%
プチ情報(アルコール度数) 12.5%
プチ情報(その他) 三大ソアヴェともいわれる造り手

ワイン・エンスージアスト誌のおすすめワイン2.ザ・フェデラリスト シャルドネ 2018

  • Amazonプライム:送料無料

甘口☆☆★★★辛口

アメリカンオークやハンガリアンオーク、フレンチオークの樽を使用して熟成される上質ミネラル白ワイン!黄金色の色調からは、均整のとれたテクスチャーと長くエレガントで綺麗な余韻が魅了してくれます。エチケットには、万人から愛される自由の女神が!女神の様に長く愛されるワインを望んで描かれた地元からも愛される白ワイン。レモンやカリンのような独特の深みは、まさに愛しい味わいです。ヨーロッパでは手に入らないような、果実のニュアンスは安定感も有り、皆さまのお気に入りワインになれると思いますよ♫

  • 1

ザ・フェデラリスト シャルドネ 2018のまとめ

参考価格 3,065円
ヴィンテージ 2016
ワインカテゴリー 白ワイン
味わい 辛口
生産国 アメリカ合衆国
生産地域 カリフォルニア州
ワインの香り レモンや梨のアロマ、シナモンやクローヴなどのスパイスの香り
受賞経歴 ワインエンスージアスト90ポイント SF クロニクルワインコンペティション銀賞 / 2004年ワイン・スペクテーター・ディスティングイッシュ・サービス・アウォードを受賞
ブドウ品種 シャルドネ
プチ情報(アルコール度数) 14.5%
プチ情報(その他) 年率150%の勢いで急成長を遂げた新星ブランド!

ワイン・エンスージアスト誌のおすすめワイン3.ナーリー・ヘッド オールド・ヴァイン ジンファンデル 2019

  • Amazonプライム:送料無料

甘口☆☆☆★★辛口

全米人気No.1のジンファンデルとも言われる赤ワイン!”US・ワイン生産者・オブ・ザ・イヤーにも3度“輝き、”アメリカン・ワイナリー・オブ・ザ・イヤーにも3度“選ばれた優良生産者! 今では”アメリカ・カリフォルニアのジンファンデルと言えばこの蔵!”とまで言われる成長株!イタリア・シチリア出身のインデリカート家が85年以上3代にかけてカリフォルニアの地で栽培からワイン造りを行ってきています。サステーナブル農法にも取り組んでおり、2009年には資源利用の効率化への取り組みと環境問題についてへのリーダー的立場が評価され”グリーン・アワード”を受賞。これから益々人気が出る前に購入しておきたいですね!

  • 1

ナーリー・ヘッド オールド・ヴァイン ジンファンデル 2019のまとめ

参考価格 1,948円
ヴィンテージ 2019
ワインカテゴリー 赤ワイン
味わい フルボディ
生産国 アメリカ合衆国
生産地域 カリフォルニア州
ワインの香り ブラックチェリーやラズベリーのアロマにチョコレートの様な甘やかな香り
受賞経歴 ムンダスヴィニ 2020 金賞 / サクラ・アワード 2020 金賞受賞 / サクラ・アワード2018 ダイヤモンドトロフィー受賞 / ヒューストン・ライブストック・ショー & ロデオ 2017 ダブルゴールド 「ワイン・エンスージアスト Sep.2015」 90点 & ベストバイ6/4342本 / サクラアワード最高評価 US・ワイン生産者・オブ・ザ・イヤー3度受賞 / アメリカン・ワイナリー・オブ・ザ・イヤーに3度選ばれた優良生産者
ブドウ品種 ジンファンデル85%、プティシラー15%
プチ情報(アルコール度数) 14.5%
プチ情報(その他) 2017年ワイン・エンスージアスト トップ100ベストバイワインにて選出された国内唯一の1本!

ワイン・エンスージアスト誌のおすすめワイン4.ボーグル ヴィンヤーズ カベルネソーヴィニヨン 2017

  • Amazonプライム:送料無料

甘口☆★★★★辛口

アメリカのワインなのに、イタリアンレストランででも力を発揮してくれるカベルネ・ソーヴィニヨン!ヨーロッパでは敵わない価格帯でしっかりとフルボディに仕上げていて、更に評価も高い人気のシリーズ。このクラシックな品種の手本となる表現力とスパイシーなアメリカンオークからくる果実味はワインをより濃厚にしていて、お肉料理などに相性抜群。小慣れた感じがお好きな方は、少し熟成を…がっちりフルボディがお好きな方も今でも十分に楽しめる仕上がりです。レストランで1本しかカベルネ・ソーヴィニヨンが置けないと言われたら私はこのワインを選ぶと思います♫

  • 1

ボーグル ヴィンヤーズ カベルネソーヴィニヨン 2017のまとめ

参考価格 1,948円
ヴィンテージ 2017
ワインカテゴリー 赤ワイン
味わい フルボディ
生産国 アメリカ合衆国
生産地域 カリフォルニア州
ワインの香り 砕いたバイオレットとイチゴの香りが広がり、グリーンティと乾燥させたスパイスのタッチが次に来る
受賞経歴 2017 San Francisco Chronicle Wine Comp クラス最高評価(1本のみ) / 2008 Wine Enthusiast 87点】インパクト・マガジン”ホット・ブランド・アワードを2000年〜連続受賞(2012年現在) / 2005年ワインスペクテイターが選ぶ世界のTOP20バリュー・ブランド選出 / 2010年にはワイン&スピリッツが選ぶアメリカン・バリュー・ブランズ・オブ・ザ・イヤーに選出 / 【2008 Wine Spectator 87点】 / 【2008年ヴィンテージ 金賞獲得数4個】/ 【2007 Wine Enthusiast 90点&Best buy】
ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニヨン
プチ情報(アルコール度数) 14.5%
プチ情報(その他) 2019年米国最大ワインコンペ1本のみ選出クラス最高評価を受けたワイナリー

ワイン・エンスージアスト誌のおすすめワイン5.シュラムスバーグ ミラベル ブリュット

甘口★★★★★辛口

熟成させたバックヴィンテージの原酒をブレンドすることによってコクや深み、そして豊かな香りが引き出されているスパークリングワイン。カリフォルニアのワイン産地の中でも冷涼なカーネロス、アンダーソン・ヴァレー、ソノマ・コーストなどから、太陽が昇る前の早朝に収穫され、それぞれの産地ごとに別々に発酵しシャンパーニュ方式で仕上げられます。このスパークリングワインは、ワイン・エンスージアストらしい、カリフォルニアが多めのラインナップですが、地元でオススメしてくれるものが日本で手に入るのは嬉しいですよね!シャンパーニュに飲み慣れている方などにも胸を張って勧めることが出来るホワイト・ハウス御用達の1本ですよ!

  • 1

シュラムスバーグ ミラベル ブリュットのまとめ

参考価格 3,352円
ヴィンテージ N.V.
ワインカテゴリー スパークリングワイン
味わい 辛口
生産国 アメリカ合衆国
生産地域 カリフォルニア州
ワインの香り パイナップルやリンゴ、キャラメル、パン生地のような甘やかな香り
受賞経歴 ワイン・エンスージアスト誌91点 / ワインアドヴォケイト誌89点獲得
ブドウ品種 シャルドネ52%ピノ・ノワール48%
プチ情報(アルコール度数) 12.6%
プチ情報(その他) ホワイトハウス御用達ワイナリー

ワイン・エンスージアスト誌のおすすめワイン6.ヤルデン・メルロー 2017

  • Amazonプライム:送料無料

甘口☆☆★★★辛口

イスラエル航空ビジネスクラス御用達ワインとして高貴なイメージと共に、世界へイスラエルワインを広めたワイナリー。数々の評価誌でも高評価を受けており、年々手に入り辛くなってきています。濃縮感がとても繊細で熟した赤いベリーに、エキゾチックで甘やかなチョコレートやバニラ香が綺麗に重なり、クローブやハーブなどの爽やかな香りも合わせ持つ、実にふくよかなニュアンス。仔羊のローストや厚切りのサラミなど香辛料を用いたお料理などの日に張り切って用意しておきたい代表赤ワインだと思いますよ!

  • 1

ヤルデン・メルロー 2017のまとめ

参考価格 3,950円
ヴィンテージ 2017
ワインカテゴリー 赤ワイン
味わい フルボディ
生産国 イスラエル
生産地域 ゴラン高原中部、北部、ガリラヤ北部
ワインの香り 熟した赤いベリーにオーク樽由来のヴァニラやチョコレートの香り
受賞経歴 2012年ワイン・エンスージアスト誌で、新世界のベスト・ワイナリーに選出 / 2008ワイン・スペクター誌が選ぶワイナリーTOP100に選出 / 2011年イタリア/ヴィニタリーで世界30ヶ国の1000軒のワイナリーから最高生産者に選出 / 2008ヴィンテージ パーカーポイント90点
ブドウ品種 メルロー、少量のカベルネソーヴィニヨン
プチ情報(アルコール度数) 14.5%
プチ情報(生産本数) イスラエル航空ビジネスクラス御用達

ワイン・エンスージアスト誌のおすすめワイン7.スペーラ ヴェルメンティーノ 2018

甘口☆★★★★辛口

“この地の優れたテロワールを反映した高品質ワインを造る”というコンセプトで2008年にイタリア人実業家マッシモ・ルッジェーロとドイツ人実業家ナタン・ゴッテスディナーが創設したワイナリー。昼夜の寒暖差からの温度差が素晴らしい酸味などを引き出す優れたテロワールで作られています。イタリアで2番目に大きな島サルデーニア島の土着品種でもあるヴェルメンティーノ種100%で仕上げた海を思わせるスッキリ辛口ワイン。ブドウはソフトプレスされ、一番搾りのモストと共に数時間マセレーションされることから、ほろ苦いアーモンドの後味を伴う海ワイン!しっかり冷やして揚げ物にレモンを添えるように合わせたいですね!

  • 0

スペーラ ヴェルメンティーノ 2018のまとめ

参考価格 2,948円
ヴィンテージ 2018
ワインカテゴリー 白ワイン
味わい 辛口
生産国 イタリア
生産地域 サルデーニア州
ワインの香り トロピカルフルーツや塩のミネラルが混ざったような花の香り
受賞経歴 2018vtジェームズ・サックリング驚異92ポイント ワイン・エンスージアスト誌90ポイント ルカ マローニ96ポイント
ブドウ品種 ヴェルメンティーノ
プチ情報(アルコール度数) 14%
プチ情報(生産本数) )9種類のワインで年間25万本を生産

ワイン・エンスージアスト誌のおすすめワイン8.アッレグリーニ パラッツォ デッラ トッレ

甘口☆★★★★辛口

アマローネの造り手としてイタリアを代表するワイナリーですが、世界的な評価ではこの“パラッツォ デッラ トッレ”がコストパフォーマンスと共に名刺代わりともいえるラインです!1983年が初ヴィンテージから1985年に自社畑を購入し、今ではアッレグリーニで一番生産され販売されています。ヴェネト州で伝統的な「リパッソ」製法ではなく、更に素晴らしいワインを造る為に新たなスタイルの「リパッソ」を模索し邁進し続けています。ふくよかで奥ゆかしい味わいは、深夜の瞑想用のワインやシルキーなお肉などと合わせたいですね!

  • 1

アッレグリーニ パラッツォ デッラ トッレのまとめ

参考価格 3,250円
ヴィンテージ 現行ヴィンテージ の販売
ワインカテゴリー 赤ワイン
味わい フルボディ
生産国 イタリア
生産地域 ヴェネト州
ワインの香り 熟したプルーンやカシス、チョコレートの様なの濃厚な香り
受賞経歴 ワイン・エンスージアスト91点(2014ヴィンテージ)ワインスペクテーター』で過去39回も90点以上獲得
ブドウ品種 コルヴィーナ、ロンディネッラ、コルヴィノーネ、サンジョヴェーゼ
プチ情報(アルコール度数) 13.5%
プチ情報(その他) ワインスペクテーター世界TOP100ワイン』に6度選出

ワイン・エンスージアスト誌のおすすめワイン9.スコット ファミリー セラーズ アメリカ ノース コ-スト シャルドネ ピノノワール

甘口☆☆★★★辛口

全米でもTOP20に入っている大規模家族経営ワイナリーのスパークリングワイン!アメリカでの有名なワインコンクールやワインの専門誌などで90ポイント以上の評価が続き、いま注目を集めています。あのシュラムスバーグを手掛けた彼らの小ロットながらにも、上質なシャルマー方式のカリフォルニア・スパークリングワインは、テイスティングではシャルマー方式とは思えない程のとてもきめ細かく力強いスパークリングワインに仕上がっています。ノースコーストのシャルドネとピノ・ノワールの繊細な香りは柑橘系の香りの中にバニラなどを感じるふくよかなアロマ、そして生き生きとした酸が印象的で、とても親しみやすく仕上がっています。普段はシャンパーニュ!という方にもお家スパークリングワインとしてオススメしたい一本です♫

スコット ファミリー セラーズ アメリカ ノース コ-スト シャルドネ ピノノワールのまとめ

ヴィンテージ N.V.
ワインカテゴリー スパークリングワイン
味わい 辛口
生産国 アメリカ合衆国
生産地域 カリフォルニア州
ワインの香り 柑橘や熟したトロピカルフルーツにバニラやブラウンスパイスの様な香り
受賞経歴 ワイン・エンスージアスト・ベストバイ91 ポイント(2020) / ワイン・エンスージアスト・ベストバイ84ポイント(2019) / Bronze Medal, 2019 Los Angeles International Wine Competition / Bronze Medal, 2019 San Francisco Chronicle Wine Competition
ブドウ品種 シャルドネ、ピノ・ノワール
プチ情報(アルコール度数) 14%未満
プチ情報(その他) 全米でもTOP20に入る、大規模家族経営ワイナリー

ワイン・エンスージアスト誌の特徴

アメリカで影響力のあるワイン評価誌の一つで、パーカーポイントなどと同じ100点満点方式で掲載されています。ワイン・アドヴォケイト誌やワイン・スペクテーター誌と並び支持を得ている著名なワイン専門誌で評価は”WE◯ポイント”と表現されることが多いです。

100点満点方式は他の評論誌と同じなのですが、ワインやアルコール飲料の分野において、その年に最も素晴らしい成功をおさめた個人や企業に対して毎年賞を贈っており、ワイン以外にも”スピリッツ・ベスト100””ビール・ベスト25”などの興味深い内容が記載されています。

そして、他誌のような年間Top100のランキング以外にも”15ドル以下のオススメTop100“や”セラーで寝かせるべきワインTop100“”BestBuyTop100“”ヨーロッパワイナリー・オブ・ザ・イヤー”などなど、興味深い内容が満載なのも特徴です。過去1年をかけてテイスティングチームによってテイスティングされた、このワイン・エンスージアストのリストは、今日の世界のワイン市場において最もエキサイティングな発見のいくつかを表しているとされています。 一般的に良く見る世界の主流とされるワイン以外にも、イタリアのランブルスコやワシントンのグルナッシュ、タスマニアのスパークリングワインなどに注目するなど、流行の最先端を予想して掲載されているのも特徴です。リストは全体を通して、色々なジャンルと予算などに合わせて人々を満足させるように作成されています。広く入手可能な魅力的な価格のワインから、ワイン愛好家が探し求めている少量生産の希少なワインまで掲載されているので、色々な方面のファンが多いのも特徴です。最新のワイン・エンスージアスト2020では、全体の平均スコアは93ポイント、平均価格は34ドル!高すぎないのも魅力ですよね!フランスやイタリア、スペインなど13か国を更に102の産地と品種ごと細分化し、それぞれのおすすめヴィンテージなども掲載しています。

ワイン・エンスージアスの歴史

ワイン・エンスージアストは1988年にアメリカ合衆国で創刊された約80万人の購読者をもつ評論誌。もともとはワインのみの評論誌ではなく、ワインの周辺器具や機器のカタログ販売などの雑誌でした。徐々にワインそのものについても語れるようになり、今ではワイン・アヴォドケイト、ワイン・スペクテーターと共にアメリカ合衆国を代表するワイン評論誌となっています。

ワイン・エンスージアストの参考基準

ワイン・スペクテーターなどと同様に、毎年年末にその年のトップ100ワインを発表しており、上位にランクインしたワインは入手困難になる事もあります。ワイン・エンスージアストの評価基準は、ワイン自体の評価に加え、価格や入手の困難さ、独自性や話題性なども評価に値し、”一般消費者にとって価値のある”という基準で最終順位が決定されています。

ローレン・ブッツェオ氏( Managing Editor ・南アフリカ&ラングドック・ルーション担当)やWSETの資格者などのエキスパートたちが担当ごとに評価を行なっており、ひとつのチームが結成されています。今年2021の”Enthusiast 100”の発表予定は11月23日“ビールベスト25”は24日“トップスピリッツ100”は25日などを予定しており、消費者目線のランキングがひとつのイベントとして発表されます。

英語ですが、お興味がある方はサイトもご覧くださいね→https://www.winemag.com/toplists/100-best-wines-2020/

ワイン・エンスージアスト誌の記事にておすすめしたワインのまとめ

ワイン・エンスージアスト誌で高得点を獲得したワインをおすすめした最後に

いかがでしたか?有名な評論誌の高得点も輝きますが、地元が認めた評価は親近感があり試したくなるラインナップが多いですよね?評価の目線が多いので用途が違う日でも、このワイン・エンスージアストがハマれば一冊で色々楽しむことが出来ます!愛読書がワイン・エンスージアストとか、なんだか格好良いですよね!

この記事を書いた人

シニアソムリエ riccimori

シニアソムリエ riccimori

一般社団法人日本ソムリエ協会の『シニアソムリエ』の資格を2011年に取得。大阪ポンテベッキオや京都イルギオットーネ、東京インプリチト/オステリアスプレンディドにてマネージャーを務め、現在はイタリアにて修行and子育て中。