コラム
1263Views
2
読み込み中...

スプマンテ<イタリア産スパークリングワイン>おすすめ9選【ソムリエ厳選】

スプマンテのメインビジュアルの画像

外があったくなったり、冬で暖房がきいたお部屋やお店にいるとキリっとしたスプマンテを飲みたくなりますよね(私は年中スプマンテ日和ですが…)と、いうことで今回は! 「シニアソムリエがおすすめするアマゾンで購入できるスプマンテ9選」をご紹介します! イタリアンレストランでも、シャンパーニュを置いているレストランも沢山あると思います。が、折角のイタリア感、是非イタリア産のスパークリングワインで楽しみたいですよね!イタリア全州でスプマンテは作られていますが、気分の上がる私のオススメをご紹介いたします。
この記事の目次

※当サイトで掲載しております「参考価格」「Amazon獲得予定ポイント」「Amazonプライム:送料無料」は出品者の設定により変動する場合がございます。予めご了承ください。詳細につきましては各ワインの購入ページよりお確かめくださいますようお願い申し上げます。

おすすめスプマンテワイン1.プロセッコ ヴァルドッビアデーネ スペリオーレ サン ボルド ブリュット N.V. マルスレット

甘口☆☆☆★★辛口

全身を包んでくれる私の癒し系スプマンテNo.1。毎日飲んでも何故か飽きない、そして疲れない上質な自然派デイリースプマンテ。エクストラドライとは通常良く聞く”ブリュット”よりも残糖を残した表現で、熟れたモモの様な柔らかな甘味の香りが残ります。プロセッコに使われるグレラ種自体の個性が1番引き出される作り方で、身体に無理無く染み入ります。価格もお手頃で、どんなお料理にもピトっと寄り添ってくれます。若干の糖度を感じると太りそう?と思うかもしれませんが、辛口だと何か食べたくなるので、、私的には日常ワインとしてもエクストラドライのプロセッコ!とてもオススメなんですよ。

  • 1

プロセッコ ヴァルドッビアデーネ スペリオーレ サン ボルド ブリュット N.V. マルスレットのまとめ

参考価格 2,244円
ヴィンテージ NV(ノンヴィンテージ)
ワインカテゴリー スパークリングワイン
生産国 イタリア
生産地域 ヴェネト州
ワインの香り パイナップルやグレープフルーツ、アカシアの花の香りにアフターにはアーモンドの余韻
受賞経歴 ビベンダ2020 4グラッポリ, ガンベロロッソ2020 1ビッキエロ
ブドウ品種 グレラ100%
プチ情報(アルコール度数) 11.5%
プチ情報(生産本数) 150,000本

おすすめスプマンテワイン2.フェルゲッティーナ ミッレディ フランチャコルタ ブリュット 2015

甘口☆★★★★辛口

イタリアのミラノのある州“ロンバルディア”で造られる瓶内二次発酵で仕上がるスプマンテ”フランチャコルタ”。こちらは、シャルドネ100パーセントでミッレディ(1000day) 以上もの熟成期間をかけて表現される、深いコクと繊細で輝く泡から名付けられています。無口で働き者”頑固職人”を絵に描いたような性格、生まれも育ちもフランチャコルタの彼らが造る、スプマンテ。美味しいのは勿論のこと、更にお祝いに最適なピラミッド型の可愛いボトルは、滓と触れる面積を広げ熟成による味わいやコク、旨味を一層深く感じることが出来る様に細かく計算された形状なんです。泡立ちもきめ細かく、非常に洗練された余韻の長いフランチャコルタ!お祝いの日の乾杯用に是非どうぞ!

  • 1

フェルゲッティーナ ミッレディ フランチャコルタ ブリュット 2015のまとめ

参考価格 1,678円
ヴィンテージ 2015(お取寄せ商品のため、ヴィンテージ変更の可能性有)
ワインカテゴリー スパークリングワイン
生産国 イタリア
生産地域 ロンバルディア州
ワインの香り ナッツやトーストしたパン、そしてバニラを想わせる香り
受賞経歴 同ワイナリーエクストラブリュットが2005年ヴィンテージで最高評価3グラス&最優秀スプマンテ(1銘柄のみ)・同時受賞
ブドウ品種 シャルドネ100%
プチ情報(アルコール度数) 12.5%
プチ情報(生産本数) 50,000本
プチ情報(その他) 1,000日間(ミッレディ)以上もの熟成期間を経て表現されるフランチャコルタ

おすすめスプマンテワイン3.コントラット フォーイングランド ロゼ パドゼ

  • Amazon獲得予定ポイント:1P

甘口☆★★★★辛口

1920年代まだシャンパーニュもほぼドサージュを行なっていた頃に辛口のスパークリングワインを求めていた、イギリス人に向けて作られた”for England”シリーズ。世界遺産の地下セラーで熟成される、バルバレスコを代表する生産者”ラ スピネッタ“が手掛けるスプマンテ。ピノネロを主体に淡いサーモンピンクの色合い、バラや赤い果実を思わせるエレガントな香りが際立つ辛口スプマンテ。酸味がとても綺麗に入っていて、食欲を掻き立てられる1本。シャンパーニュやフランチャコルタと同じ瓶内二次発酵でしっかりと作られていて、ワインを飲み慣れた方などのプレゼントにもぴったり!葡萄本来の味が楽しめる超辛口のロゼですよ!

  • 1

コントラット フォーイングランド ロゼ パドゼのまとめ

参考価格 4,598円
ヴィンテージ 現行ヴィンテージの販売とのこと
ワインカテゴリー スパークリングワイン
生産国 イタリア
生産地域 ピエモンテ州
ワインの香り 新鮮なイチゴやレモンの皮の香り
受賞経歴 2008年 ビベンダ/4グラッポリ (イタリア) 2013年版 2008年 ヴィーニ・ディタリア(ガンベロロッソ)/2ビッキエーリ (イタリア) 2013年版 2009年 ビベンダ/4グラッポリ (イタリア) 2014年版 2009年 ヴィーニ・ディタリア(ガンベロロッソ)/1ビッキエーレ (イタリア) 2014年版 2011年 ジェームス・サックリング 95pt 2011年 ヴィーニ・ディタリア(ガンベロロッソ)/2ビッキエーリ (イタリア) 2017年版 2012年 ビベンダ/4グラッポリ (イタリア) 2019年版 2012年 ワイン・アドヴォケート(パーカーポイント) (アメリカ) 95pt
ブドウ品種 ピノ・ネーロ100%
プチ情報(アルコール度数) 12.5%
プチ情報(生産本数) 12,000本

おすすめスプマンテワイン4.フェッラーリ ブリュット

  • Amazonプライム:送料無料
  • Amazon獲得予定ポイント:P

甘口☆★★★★辛口

イタリア公式スプマンテとも言われるフェッラーリ。2015年、2017年とシャンパーニュおよびスパークリングワイン”ワールド・チャンピオンシップ“にて、名だたるシャンパーニュ生産者を抑え、最優秀賞を受賞したフェッラーリの辛口スプマンテ。世界のVIP御用達のスパークリングワインとも言われるこちら。イタリア大使館の公式ワインとして世界各国のパーティーにて振舞われていることでも有名です!プロセッコやフランチャコルタ意外で是非、知っておきたいクオリティワインのひとつ。北イタリアの上質なミネラルと林檎の様な弾ける甘やかさと酸味が、ぎゅっと詰まった1本!天ぷらなどの日にぴったりですよ!

  • 1

フェッラーリ ブリュットのまとめ

参考価格 3,218円
ヴィンテージ NV
ワインカテゴリー スパークリングワイン
生産国 イタリア
生産地域 トレンティーノ アルト=アディジェ州
ワインの香り 熟したフルーツ、香ばしいパンやヘーゼルナッツやおの花のような香り
受賞経歴 2017ヴィンテージが、スパークリングワイン・プロデューサー・オブ・ザ・イヤー、2度目の受賞
ブドウ品種 シャルドネ
プチ情報(アルコール度数) 12.5%

おすすめスプマンテワイン5.ドゥブル ファランギーナ ブリュットNVフェウディ ディ サン グレゴリオ

  • Amazonプライム:送料無料

甘口☆★★★★辛口

イタリアNo.1生産者にも輝いた“フェウディ ディ サングレゴリオ”とシャンパーニュで最も注目を集める造り手”ジャックセロス”のコラボレーンテの未来への新しい旅!とも言われています。アンセルムセロスの心を動かして実現した世紀のコラボレーション!カンパーニャの白葡萄品種”ファランギーナ100%”で造った瓶内二次発酵のスプマンテ。極上白ワインがそのまま泡になった感じ!と言ったところでしょうか。南イタリアを代表する1本!あの神の雫にもロゼが紹介され有名になりました!セロス飲みたいけど高いしなぁ…という日も、このスプマンテがあればウキウキですね。

  • 1

ドゥブル ファランギーナ ブリュットNVフェウディ ディ サン グレゴリオのまとめ

参考価格 2,980円
ヴィンテージ NV
ワインカテゴリー スパークリングワイン
生産国 イタリア
生産地域 カンパーニャ州
ワインの香り シロップ漬けのフルーツのニュアンスのある、強く包み込まれるような香り
ブドウ品種 ファランギーナ100%
プチ情報(アルコール度数) 13%
プチ情報(生産本数) 42,000本(2006ヴィンテージ)
プチ情報(その他) 神咲雫の快勝を祝ってモノポールで飲んだスプマンテとしてドゥブル のロゼが登場

おすすめスプマンテワイン6.コルヴェトラーツ スペリオーレ ディ カルティッツェ 2017

甘口☆☆☆★★辛口

プロセッコの中の特急畑とも言われる”カルティッツェ”プロセッコの広い生産エリアの中で、他とは比べものにならぬ程の勾配と陽当たりの立地。標高は400m、急な傾斜で険しいところでは50度にもなる、栽培がとても難しい場所に位置しています。少しリーズナブルで家飲みスプマンテの印象の強いプロセッコですが、とっておきの日やちょっと良いことがあった日はワンランク上のプロセッコを飲みたいですよね!果実味が、とても綺麗で繊細な上質なプロセッコ。品種はグレラ。この葡萄の個性の旨味こそが全世界で愛されるものなんです!その中でもトップのカルティッツェプロセッコ!イタリアでも、あんまりお見かけしないんですよ!

  • 1

コルヴェトラーツ スペリオーレ ディ カルティッツェ 2017のまとめ

参考価格 3,815円
ヴィンテージ 2017
ワインカテゴリー スパークリングワイン
生産国 イタリア
生産地域 ヴェネト州
ワインの香り 熟れたモモの様な柔らかな甘味の香り
受賞経歴 2011ヴィンテージがワインエンスージアスト 90pt
ブドウ品種 グレラ
プチ情報(アルコール度数) 11.5%

おすすめスプマンテワイン7.カウドリーナ ラ・セルヴァティカ アスティ・スプマンテ

甘口★★★☆☆辛口

日本でも有名になった甘口スプマンテ”アスティ”。その中でもラベルも可愛く、ソムリエたちの間でも人気なピエモンテの造り手”カウドリーナ”。ラベル=エチケットは、グラッパ造りの神とも言われた故ロマーノレヴィによる作品。モスカート 100% マスカット特有のアロマティックで甘やかな香り。 デリケートな甘さと酸のバランスがよく、細かで柔らかな泡感。 エチケットは故ロマーノレヴィによるイラストなことで更に人気に。 ワインが少し苦手かも?という方々にも是非ワインの入り口としても、試していただきたい自然派の柔らかな甘口スプマンテ。デザートには勿論、きっちり冷やして辛めな中華料理などとも相性抜群。勿論、そのまま何も考えず飲んで癒されていくのもオススメです。

  • 1

カウドリーナ ラ・セルヴァティカ アスティ・スプマンテのまとめ

参考価格 2,200円
ヴィンテージ NV
ワインカテゴリー スパークリングワイン
生産国 イタリア
生産地域 ピエモンテ州
ワインの香り マスカット特有のアロマティックな香り
受賞経歴 エノロゴを務めるジュリアーノ・ノーエが2005年ガンベロ・ロッソ誌にて「ベストエノロゴ賞」を受賞
ブドウ品種 モスカート種
プチ情報(アルコール度数) 7%
プチ情報(その他) エチケットは、同じピエモンテ生まれの伝説のグラッパ職人「故ロマノ・レヴィ」による「La Donna Selvatica」(おてんば娘)のイラスト。

おすすめスプマンテワイン8.DOCG ブリュット エモツィオーネ 2014 (フランチャコルタ ミッレジマート)

甘口☆★★★★辛口

安心して飲める私の家飲みフランチャコルタのご紹介!通常、ベースのフランチャコルタは早めの出荷や利益を希望する為、NVで瓶内熟成18ヶ月でリリースされることが多いのですが、この造り手さんは全てがミレジマート(生産年表示付ワイン)で仕上げられています。30ヵ月の瓶内熟成を経ており、非常にキメ細やかな泡立ち。酸味は柔らかく、ピノ ビアンコが華やかさとフレッシュ感をもたらしています。大手ながらに家族経営で造られる現代のフランチャコルタを代表する1本。 酒質の強いシャルドネだけでは自分達らしい優雅な味わいは完成しないということで、ピノ・ビアンコを使用するのもヴィッラの特徴のひとつ。是非お試しくださいね!染みます。

  • 1

DOCG ブリュット エモツィオーネ 2014 (フランチャコルタ ミッレジマート)のまとめ

参考価格 4,950円
ヴィンテージ 2014
ワインカテゴリー スパークリングワイン
生産国 イタリア
生産地域 ロンバルディア州
ワインの香り 白い花のような華やかな香り
受賞経歴 2007ヴィンテージVini BuoniにてLe Quattro Stelle Golden Star受賞
ブドウ品種 シャルドネ80%、ピノ ビアンコ10%、ピノ ネーロ10%
プチ情報(アルコール度数) 12.5%
プチ情報(生産本数) 125,655本

おすすめスプマンテワイン9.ヴィッラ サンディ プロセッコ DOC

  • Amazonプライム:送料無料
  • Amazon獲得予定ポイント:16P

甘口☆☆☆★★辛口

フレッシュさを引き出すため、一般的なワイナリーでは行わない“果汁を冷凍して保存する”という手法をとり、際立った味わいのあるプロセッコ!優しくフレッシュで柔らかな泡立ちに仕上がっています。ガンベロ ロッソでの最高評価を始め、ドイツワイン評価誌でプロセッコで1位に輝いた優秀プロセッコ!日本でもイタリアワイン評論家の宮嶋勲氏から絶大な評価を受け、プロ達にも支持されています。シンプルながら緻密でバランスのとれた味わいを感じれる1本!お値段もお手頃で、疲れにも寄り添ってくれる優しいスプマンテ♫常に出来れば冷蔵庫に忍ばせておきたいですね♫

  • 1

ヴィッラ サンディ プロセッコ DOCのまとめ

参考価格 1,591円
ヴィンテージ NV
ワインカテゴリー スパークリングワイン
生産国 イタリア
生産地域 ヴェネト州
ワインの香り ジューシーなメロンや青りんご、良く熟した黄色い果実や小さな白い花を感じさせる香り
受賞経歴 ガンベロ ロッソ」での最高評価を始め、ドイツワイン評価誌でも「プロセッコ」で1位に輝きました
ブドウ品種 グレラ
プチ情報(アルコール度数) 11%

スプマンテワインとは?

外もあったかくなってきて、益々のスプマンテ日和になりますね!(私は年中スプマンテ日和ですが…)昔、私が勤めていたイタリア料理店で”とりあえずシャンパン2つ“と気取ったお兄さんが言ったのに対し、、出来ない後輩スタッフが…”当店はイタリアワインのみ取り扱っておりますので、スプマンテしかございませんが良いですか?”と返答。お兄さんポカン…いやいや、そうなんだけど、(空気読もうよー!)ドキドキ。細いグラスに入ってシュワシュワしてたら全部シャンパーニュだと思ってる人もいるのよー!と、いうことで…先ずは、”スプマンテ”の定義についてご説明。スプマンテとは、イタリアで作られているスパークリングワインのことです。。。以上!おしまい。ちなみに、イタリア人でも軽めの泡が全部”プロセッコ”だと思ってる人もいます。結構沢山。そして、何故かシャンパーニュも好きです。憧れ的な?感じでしょうか。ちなみにフランチャコルタなどの、シャンパーニュ方式のスパークリングワインを頼む時は”ボッリチーネ1つ”と、言う人が多いです。

スプマンテワインの特徴

イタリアで作られるスパークリングワイン全てがスプマンテ!と、いうことで“スプマンテの特徴”といっても、それぞれ製造方法も呼び名も基本的に違いますので、主に代表されるスプマンテの特徴をあげておきます。勿論、このほかにも作られていますが、スプマンテやフリッツァンテ(微発泡)と呼ばれています。イタリアでのスパークリングワインの作り方は主に2種類!”Metodo Classico”メトード・クラッシコは古典的方式でシャンパーニュと同じ瓶内二次発酵。あとは”Metodo Charmat”メトード・シャルマのタンク内二次発酵です!その他にも、直接ガスを吹き込む炭酸ガス注入方式などがあります。

スプマンテワインの種類

スプマンテは造られる地域や手法によって、呼び方が変わるので、ここでスプマンテワインの種類についてご紹介いたします。

フランチャコルタ】…北イタリア・ロンバルディア州東部のフランチャコルタ地域で、瓶内二次発酵方式で造られるイタリアワインの中で初めてD.O.C.Gを受けたワイン。主要品種は主に、シャルドネ・ピノビアンコ・ピノネロ。その他に、 サテン以外のカテゴリに最大10%までの使用が許されている白ブドウ品種でエルバマットが使用可能です。最低25ヶ月の熟成(瓶内熟成18ヶ月)が義務付けられており、シャンパーニュの様な奥深い味わいが特徴。 【オルトレポ・パヴェーゼ】…フランチャコルタと同じ、ロンバルディア州のD.O.C.G.ワインで、すべて瓶内二次発酵。パヴィア県南部にあるオルトレポ・パヴェーゼと呼ばれる丘陵地帯で作られ、ピノ・ネーロを70%以上含む”オルトレポ・パヴェーゼ・メトード・クラシッコ“と、ピノ・ネーロ80%以上を含んだ”オルトレポ・パヴェーゼ・メトード・クラシッコ ピノ・ネーロ(ロゼ)“があります。最低15カ月の熟成期間が必要です。 【ランブルスコ】…主にエミリア・ロマーニャ州で生産されるスプマンテで、一般的には、ほどよい甘みとタンニン、酸味のバランスが取れたフルーティな味わいの赤の微発泡ワイン。アルコール度数は辛口で11%ほど、甘口だと8%前後。生ハムやサラミなどに合わせられることが多いことでも特徴。 【アスティ(モスカート・ダスティ)】…ピエモンテ州で造られ、(アスティ、アレッサンドリア、クーネオ内)の52の村で生産されているものがD.O.C.G.アスティと認定されています。モスカート・ビアンコ100%で造られる、まるでマスカットの様なフルーティーで爽やかな味わいが特徴。ごく一部を除き、ほとんどがシャルマ方式。2017年からは辛口のアスティ・セッコが加わりました。モスカート・ダスティはアスティよりも微発泡で仕上げられます。

スプマンテワインの歴史

スプマンテという名は、“泡”を意味する“スプーマ”に由来。340年の歴史をもつシャンパーニュと比べ、スプマンテの歴史はわりと新しく、まだ140年ほどと言われています。最初に造ったのは、フランスのシャンパーニュ地方でシャンパンの製造を学んだピエモンテの”カルロ・ガンチア“。 1850年にシャンパーニュへの留学から戻り、1865年にスプマンテの原型となるモスカートによる瓶内二次発酵の辛口のスパークリングワインを造りました。 そのお酒が、やがてスプマンテと呼ばれるようになり、軽く華やかな風味が人気を呼ぶようになりました。その後、ピエモンテ州のジュゼッペ・コントラットやヴェネト州のアントニオ・カルペネ(1879年)達も成功を収め、1983年には、初め50ヘクタールだった土地が550ヘクタールまで拡大。ピノ・ディ・フランチャコルタの売上高は百万本を突破しました。また、ワイナリーの数は倍に増え、90年代には、有志による協会の設立が始まり、そこからフランチャコルタとフランチャコルタD.O.C.G.の現代の幕開けとなりました!今では、日本をはじめ世界から支持されています。

私の(ソムリエ的)スプマンテワインの選び方!

基本的に瓶内二次発酵(シャンパーニュ方式)はシャルマ方式(タンク内二次発酵)に比べてコストや熟成期間がかかる為、お値段が高くなりますが、その分味わいは深い味わいに仕上がっています。アペリティーヴォや朝ごはん(私はですけどね…笑)お友達とワイワイという時用には、気軽なシャルマ方式のプロセッコ!ちょっとした記念日などには瓶内二次発酵のフランチャコルタなどを選びたいですね!最初にもお話しましたが、ここイタリアでは軽めなシャルマ方式のスプマンテはプロセッコでなくても、大体プロセッコと呼んでいたりします(笑)。食後のデザートにも、イタリア現地ではスプマンテが選ばれる事が多いですが、そんな時には少し甘みのあるモスカートなどを選ぶと良いと思います。ちょっとした、ピッツァやラザニアなどにも、ニューワールドやフランスのものでは無く、イタリアの泡”スプマンテ”を用意したいですね!

スプマンテをおすすめした最後に

いかがでしたか?次にイタリア料理店に行かれたら!イタリア料理を作る時!シャンパーニュでなく、是非お気に入りの”スプマンテ”でアッビナメント(マリアージュ)してみてくださいね!

この記事を書いた人

シニアソムリエ riccimori

シニアソムリエ riccimori

一般社団法人日本ソムリエ協会の『シニアソムリエ』の資格を2011年に取得。大阪ポンテベッキオや京都イルギオットーネ、東京インプリチト/オステリアスプレンディドにてマネージャーを務め、現在はイタリアにて修行and子育て中。