コラム
682Views
2
読み込み中...

甘口赤ワインおすすめ7選【ソムリエ厳選】

シニアソムリエ厳選Amazonで買えるおすすめ甘口赤ワインのメインビビュアルの画像

いつもはレストランで結婚記念日や誕生日、クリスマスやホワイトデーのディナー♫けれど、平日と重なったり、お子様が産まれて今回は外食が難しいな…ということありますよね。
ワインでも買って、たまにはお家でケーキで乾杯しよう♫けどいつ買いに行こうか…何にしようか…そんな時の為に、今回は「シニアソムリエがおすすめするアマゾンで購入できる甘口赤ワイン7選」をご紹介します!

葡萄本来の味は甘味が有るので、それを生かしているワインであれば、飲みやすい葡萄ジュースの様なものですね。どうしても、日本人の考え方的には”料理には辛口!”というのが主流です。デザートにはデザートワインとして別に極甘口の高貴なものがあります。赤ワインの甘口は白ワインと違って少し醸造が難しいところが有り、スパイスを加えたり糖を加えるか又は少し高価なものになるので、あまり出会ったことが無いという方も多いのでは無いでしょうか?ワインとのマリアージュは、いつも調味料の様に考えてみると楽しいです。“豚肉の黒酢餡だし、甘酸っぱい赤ワイン!”とか”ベリーのショートケーキだし、ベリーのニュアンスの赤ワイン!”ですとか。実際、なんとなく残った白ワインと苺とラズベリーのケーキを合わせてみて、薬臭く感じ”このワイン美味しいんですよー!”と、お客様に出して失敗したことがあります。好きなワインなら、何にでもマリアージュするはず…と思いがちですが、たまにはお料理に合わせたワインを探してみるのも良いですね。

今回はプロの私でも”Amazonでこんな素敵な甘口赤ワインも頼めるんだ♪“という7選をお伝えします。

テッラクルーダ ヴィショラ N.V. テッラクルーダ 赤甘 500ml

わたしが、ホワイトデーで生まれて初めて貰った(ソムリエさんからでした♫)ワインがこちらでした!義理チョコでしたが、お返し素敵過ぎて喜んだのを覚えています。
イタリアのマルケ州のヴィショラというサクランボと共に醸造された、甘酸っぱい赤ワインです。勿論チョコレートなどデザートには勿論、食前酒や食後酒にも最適です。
糖度が高いので、直ぐに飲みきらなくても大丈夫。ワインが苦手(渋味やコク)という友達もゴクゴク飲んでいました。サクランボの綺麗な酸と赤ワインで造る、ルネッサンス時代から伝わるマルケの伝統的なワイン。ビロードのような口当たりと適度な酸を持つ甘口で、高貴な香りと余韻がふわっとした気分にしてくれますよ!ちなみに、イタリアのワイナリーでも1番に売り切れる程の人気なんですよ!

  • 1

【甘口/本格ホットワイン/温めて◎】フランケン・グリューワイン [ 赤ワイン ライトボディ ドイツ 赤 750ml ]

ヨーロッパでも寒い季節になると、外で沢山のりんごや洋梨にスパイスを加えたホットワインの屋台が出ています。余ったワインなどで造られる事が多いですが、こちらは最初から温めても美味しく楽しめる様になっています。シナモンやクローブや砂糖を加えアロマティックに仕上がり。すき焼きやビーフシチューなどと合わせたり、仕事で疲れた時などに温めても飲める嬉しい1本です。
デザートならタルトタタンなどと合わせたらお洒落。食前酒から食中ならば思い切ってクラッシュアイスなどを入れてみたり、デザートはもちろん、おやすみ前にも。色々なシチュエーションで合わせていただけます。ちょっとお疲れの方へのプレゼントでもお値段もお手頃で素敵ですよね。

  • 1

三次ワイナリー 霧里ワイン (きりり) やや甘口 赤 720ml

わたしも1度参加したことがあります”女性だけで選ぶ年に一度のワインのコンクール“全世界で日本だけの取組みとされる“SAKURA” Japan Women's Wine Awards 2019 Gold賞を受賞したこちらのワイン。全世界のワインの中で金賞を受賞!凄いですよね。広島県三次市の三次ワイナリーが醸造されており、フレッシュでフルーティーな甘さと程よくコクを味わえる赤ワインです。
コンクールでは順番に沢山のワインを試飲します。その中で、味にうるさめ(?笑)な女性たちがGOLDに選ぶものは一握り。情報は少ないですが、美味しいのは確信的ですよね!お食事でも香辛料や黒酢などを用いたお料理や“すき焼き”などに合わせたり、いつもの食後のお茶がわりに”おまんじゅう“や”羊羹“などの日本のデザートに合わせてみるのも良いですね。

  • 1

ヴァルポリチェッラ ベルターニ アマローネ 1986 レチョート・デッラ・ヴァルポリチェッラ 750ml 極甘口

アマローネと同じ製法で途中まで造られ、発酵させきらなかったのがこちらのエレガントレチョート。
陰干しされた葡萄(干しぶどうの様な状態)から造られるこちら。極甘口との明記ですが、30年以上の長い熟成を経て、まるでビロードのようなしなやかなエレガントさの有るワインとなっています。同じ、アマローネでも高価ですが”開けどき”に少し困ってしまうもの。こちらのレチョートは、糖度がある程度高いので保存状態などにもよりますが、抜栓から5日くらいまでなら充分にお楽しみいただけると思います。長く煮込んだタンシチューや馬刺し、熟成の長いチーズなど。少しお値段が高く感じますが、甘口ワインなどは大体ハーフサイズや500mlが主流なので、そう考えると”とっておき!”の時には良いですね。会社の方々を招いた少し大人数の食事会や持ち寄りの会では、人とかぶる事は絶対ないでしょう。又、長く熟成可能ですのでプレゼントにも最適ですね。

  • 1

ラ・サングリア ボデガス・アルスピーデ 750ml [スペイン/赤ワイン/甘口/ライトボディ/1本]

“ワインは苦手だけど、サングリアなら飲める♫”という方も多いのではないでしょうか?ワインのカクテルと言うと、赤ワインにジンジャーエールを加えた”キティ”やコーラを加えた”カリモーチョ”などがありますが、お酒を飲む人は中々お家にジュースを常備してないですよね。こちらは、ベスト・ワインメーカー・オブ・スペイン2009を最年少で受賞したフェデリコ・ルセンド・ディアスが造るSHC認定有機栽培ブドウ使用のもの。ブドウだけでなく、漬け込んであるフルーツやシナモンも全てオーガニックで翌朝にも安心♫(飲み過ぎなければですけど…)スペインの主要品種テンプラニーリョから造られたこのサングリアは、甘やかながらに、はつらつとした爽やかなオレンジとレモン、そしてエキゾチックに香り立つシナモンの風味が溶け込んだ可愛らしい1本です!どんなお好みかわからない方を招かれる時用に冷蔵庫に1本あると良いですね♫

  • 1

ジャンフランコ・フィノ プリミティーヴォ・ディ・マンドゥーリア・ドルチェ・ナトゥラーレ ”エス・ピュ・ソレ”[2012]【375ml】

ソムリエたちの間でも人気の高いこちらのワイン。最良の出来と認めた年にしか造らない甘口ワイン。
今までに生産されたのは、2004、2008、そして今回の2012ヴィンテージのみ。いつも甘口のワインしかお飲みになられないお客様にお出しして、えらく褒めていただいたのを覚えています。勿論甘いのですが、高貴な赤い果実やブラックチェリー、プラムの様な酸味に合わせ、幾種ものスパイスやタバコ、ココアなどの香りが際立ちます。ビロードのような滑らかな余韻はとても官能的なものです。イタリアのプーリア州で手塩にかけられ太陽を沢山浴びて育てられたこちらのワイン。とっておきの日に是非♫

  • 1

ブラウン・ブラザーズ シエナ [ 2018 赤ワイン 甘口 ミディアムボディ オーストラリア 750ml ]

最後は可愛らしいプチプチワイン。オーストラリアで開発されたブドウ品種シエナは、カベルネソーヴィニヨンとスモール品種との交配により誕生したもの。さわやかなブドウの甘みと芳醇な果実風味のある微発泡ワインです。とてもさわやかな口当たりで、発酵を低温技術により、途中で止めて甘さを自然に引き出しているため、アルコール分は約6%と、酎ハイやカクテル程度で飲みやすいスタイルとなっています。食前酒から食中はもちろん、お花見やパーティなどで華やぐ1本です!お値段もリーズナブルで、お誕生日会や成人式、バレンタインのチョコレートなどに合わせて開けてみたり、夏にキーンと冷やして合わせるのも良いですね!

  • 1

甘口赤ワインをおすすめした最後に

amazonで購入できるおすすめの甘口赤ワイン7選をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?甘口なので、普段ワインが苦手な方でも楽しむことができますし、デザートと一緒に楽しめます。自宅用やホームパーティ用などでワインを購入する際には是非参考にしてみてください♪

この記事を書いた人

シニアソムリエ riccimori

シニアソムリエ riccimori

一般社団法人日本ソムリエ協会の『シニアソムリエ』の資格を2011年に取得。大阪ポンテベッキオや京都イルギオットーネ、東京インプリチト/オステリアスプレンディドにてマネージャーを務め、現在はイタリアにて修行and子育て中。