コラム
899Views
2
読み込み中...

上品で繊細な味わいが魅力!ピノノワール種のワインおすすめ9選【ソムリエ厳選】

ピノノワール(ワイン)のメインビジュアルの画像

カシス、ペパーミント、赤い華、猟鳥獣の肉のようなアロマと言われており、香り豊かなピノ・ノワール種のワインには、大ぶりで、ふっくらと丸みのある形のグラスがオススメと言われています。口元に向かってすぼまった丸みのある形状は香りを更に凝縮し、ワインを舌先に導かせて酸味と甘みのバランスを整えてくれます。お家で飲むときも、更に楽しめる様にワインに合ったグラスが用意出来ると、食卓も華やぎますね!では
「シニアソムリエがおすすめするアマゾンで購入できるピノ・ノワール種のワイン9選」をご紹介します!
この記事の目次

※当サイトで掲載しております「参考価格」「Amazon獲得予定ポイント」「Amazonプライム:送料無料」は出品者の設定により変動する場合がございます。予めご了承ください。詳細につきましては各ワインの購入ページよりお確かめくださいますようお願い申し上げます。

おすすめピノノワール種のワイン1.ベッカー ピノ・ノワール 2014

  • 送料無料

甘口☆★★★★辛口

私の中のドイツワインのイメージを変えたピノノワールの造り手さん。ファルツ(独)とアルザス(仏)の畑で造られたぶどうが半分ずつ使用されています。 健全なものだけを選りすぐりながら、葡萄自体の温度が12度を超えないよう収穫され、収穫から直前までSO2は加えずに仕上げられます。3回目から10回目の使用済み小樽で、基本的に天然酵母を使用。オークの開放桶で14日間醸し発酵。“世界1エレガントなワインを造る“ことを目標に掲げ造られています。甘口の白ワインや、どこか酸の強いドイツ赤ワインのイメージが一変し、なんとも素晴らしい余韻へ導かれます!造り手さんの腕には、ラベルと同じタトゥーが入ってました!ワインと違い意外とワイルドでびっくりしたのを覚えています。

  • 1

ベッカー ピノ・ノワール 2014のまとめ

参考価格 5,374円
ヴィンテージ 2014
ワインカテゴリー 赤ワイン
味わい ミディアムボディ
生産国 ドイツ(一部フランス)
生産地域 ファルツ(一部アルザス)
ワインの香り 樽由来のバニラやシナモン、イチゴ、チェリーなど赤系果実中心の甘く優しい香り
受賞経歴 2006年にはフランスのゴーミヨ誌にて今最も注目に値する醸造家に贈られる「ライジングスター」賞を受賞。権威あるドイツワインガイド「ゴー・ミォ」誌において、7年連続「最優秀赤ワイン賞」受賞。
ブドウ品種 シュペートブルグンダー(ピノノワール)100%
プチ情報(アルコール度数) 13.5%
プチ情報(その他) 洞爺湖サミットでもベッカーのピノ・ノワールが使用

おすすめピノノワール種のワイン2.ホフスタッター リゼルヴァ・マゾン・ピノ・ネロ 2016

  • Amazonプライム:送料無料

甘口☆★★★★辛口

イタリアも冷涼な地では素晴らしいピノノワール(ピノネロ)が作られてます。何処か土地柄なのか?ドイツのピノノワールに近い印象。トレンティーノアルトアディジェではイタリア料理!というよりも、ドイツやオーストリアのお料理に近く、長い乾麺などはあまり食べられません。バターやチーズ、ハーブといった地元料理のニュアンスにピタッと合ってくれます!ハーブとレモンのソーセージや豆腐ハンバーグなど、家庭料理だけどちょっと優しく手の込んだお料理に是非合わせてみてください!日本ではレストランやソムリエから根強い人気を誇るホフスタッター社。トレンドに流されず、真を貫く彼らの手仕事は試す価値有り!まろやかで温かみがあり、複雑ながら口当たりは滑らかですよ!

  • 1

ホフスタッター リゼルヴァ・マゾン・ピノ・ネロ 2016のまとめ

参考価格 5,140円
ヴィンテージ 2016
ワインカテゴリー 赤ワイン
味わい フルボディ
生産国 イタリア
生産地域 トレンティーノ アルトアディジェ州
ワインの香り 濃いルビーガーネット色で森の木の下に自生する小さなベリー、ブラックチェリーなどの甘く魅力的な香り
ブドウ品種 ピノネロ(ピノノワール)
プチ情報(アルコール度数) 14%

おすすめピノノワール種のワイン3.コノスル シングルヴィンヤード ピノ・ノワール 2017

  • Amazonプライム:送料無料
  • Amazon獲得予定ポイント:24P

甘口☆☆☆★★辛口

安美味の代表コノスルが作るひとつ上級ピノノワール!チリ主要産地に、それぞれの品種の個性を最も引き出す区画を選び抜いて誕生した“シングルヴィンヤード”シリーズ!20%新樽で11ヶ月の熟成。色合いは明るめで、程よい酸味が楽しめるキューティーだけど、とてもエレガントなスタイル。軽やかながらに、ミディアムボディとフルボディの良い所を兼ね備えた優等生ワイン!お家のビーフシチューや、焼き鳥のタレなんかにも最高に合いますよ!上級なのに、このお値段!お家のハウスワイン決定ですよね???

  • 1

コノスル シングルヴィンヤード ピノ・ノワール 2017のまとめ

参考価格 2,358円
ヴィンテージ 2017
ワインカテゴリー 赤ワイン
味わい フルボディ
生産国 チリ
生産地域 サンアントニオ・ヴァレー
ワインの香り チェリー、ブラックチェリーなどのジューシーな果実香
受賞経歴 デキャンター92点
ブドウ品種 ピノ・ノワール
プチ情報(アルコール度数) 14%
プチ情報(その他) 20%新樽で11ヶ月熟成することによる深みと滑らかさを持つキュヴェ

おすすめピノノワール種のワイン4.カレラ ジェンセン ピノノワール 2017

  • 送料無料

甘口☆☆★★★辛口

あのワイン評論家ロバートパーカーに“カレラはニューワールドだけではなく、地球上で最も魅力的なピノノワールのスペシャリストの1つである“と言わせたピノノワール!オーナーのジョシュ ジェンセン氏は、あのドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティとドメーヌ・デュジャックで修行を積み、カリフォルニアに戻る際にロマネ・コンティの苗木を持ってかえって植えたというエピソードも有名な話です!「最高のピノノワールは石灰岩が造る」というブルゴーニュでの教えを元に、アメリカにフランス コート・ドール同様の”最適の地”を見つけ、 ブルゴーニュに負けない石灰質を豊富に含んだ畑で栽培した葡萄を使用して作られたワイン!特別な日に開けたいですね!

  • 1

カレラ ジェンセン ピノノワール 2017のまとめ

参考価格 20,500円
ヴィンテージ 2017
ワインカテゴリー 赤ワイン
味わい フルボディ
生産国 アメリカ
生産地域 カリフォルニア、サン・ベニート、マウント・ハーラン
ワインの香り クランベリーやスミレに干し葡萄やターメリック、ナツメグのスパイスにお香や白檀のニュアンス。
受賞経歴 【2017年ヴィンテージ ワイン・アドヴォケイト誌 93点】
【2014年ヴィンテージ ジェブ・ダナック氏(※ロバート・パーカーズの愛弟子) 97点】
【2013年ヴィンテージ ワイン・エンスージアスト誌 96点】
【2013年ヴィンテージ ワイン・アドヴォケイト誌 95点】
【2012年ヴィンテージ ワイン・アドヴォケイト誌 96点】
【2010年ヴィンテージ ワイン・アドヴォケイト誌 96点】
【2009年ヴィンテージ ワイン・アドヴォケイト誌 97点】
【2007年ヴィンテージ ワイン・アドヴォケイト誌 97点】
ブドウ品種 ピノ・ノワール
プチ情報(アルコール度数) 14.8%
プチ情報(その他) かつてロバート・パーカー氏よりカリフォルニアのロマネ・コンティとも言わせたワイン

おすすめピノノワール種のワイン5.グランポレール 余市ピノ・ノワール 2017

  • Amazonプライム:送料無料
  • Amazon獲得予定ポイント:53P

甘口☆☆☆★★辛口

日本の難しい気候の中でもピノノワールは作られています。北海道の余市で造るピノノワール。ビロードのように滑らかな、日本ならではのしなやかな余韻が魅力のワイン。北緯43°、針葉樹林と海風の香りを受けながら成長したピノノワール。北海道には梅雨が無い為に、難しいとされるピノノワール栽培も可能なのです。平均気温・日照量ともにドイツの銘醸地と似ているとも言われています。余市産の契約栽培畑のぶどうを100%使用。 しなやかさを守る為に、作業を一部手作業で行われています。チャーミングなアロマと繊細なタンニン!日本料理の奥ゆかしさに是非合わせたいですよね!

  • 1

グランポレール 余市ピノ・ノワール 2017のまとめ

参考価格 5,533円
ヴィンテージ 2017
ワインカテゴリー 赤ワイン
味わい ミディアムボディ
生産国 日本
生産地域 北海道
ワインの香り すみれやいちごの様なチャーミングな香り。
受賞経歴 第51回インターナショナルワイン&スピリッツコンペティション(イギリス)で銀賞受賞
ブドウ品種 北海道余市町「弘津ヴィンヤード」産ピノ・ノワール種
プチ情報(アルコール度数) 13%
プチ情報(生産本数) 5,797本

おすすめピノノワール種のワイン6.ハルシオン・ヴィンヤード・ピノノワール 2014

甘口☆☆☆★★辛口

“自分が飲みたいものを造る“二人が出会い、恋をして、価値観を共有してきた、2人の人生の延長線上に誕生した自然派のピノノワール。ワインという魔法の液体に魅せられた二人は共に西オーストラリア カーティン大学で醸造学と栽培学を学び、一度は離れ、再び出会い、故郷マーガレットリヴァーに30エーカーの土地を購入しスタート!バイオダイナミクスによる葡萄畑と周囲にある自然環境との共生。コンクリートのエッグタンク、アンフォラ、フロールでの白ワイン熟成、毎日の儀式のように楽しむサーフィンという最高の自然!南半球のパワーを、感じる身体に染み入る元気になれるピノノワールです。

  • 1

ハルシオン・ヴィンヤード・ピノノワール 2014 スィ オーストラリア 赤ワイン 750mlのまとめ

参考価格 7,150円
ヴィンテージ 2014
ワインカテゴリー 赤ワイン
味わい フルボディ
生産国 オーストラリア
生産地域 マーガレットリヴァー
ワインの香り スミレの様な花の香りに酵母などの野性味のある香り
ブドウ品種 ピノノワール
プチ情報(アルコール度数) 14.5%

おすすめピノノワール種のワイン7.ドメーヌ・コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエ シャンボール・ミュジニー プルミエ・クリュ レ・ザムルーズ 2014

  • Amazonプライム:送料無料
  • Amazon獲得予定ポイント:P

甘口☆☆★★★辛口

“恋人たち””恋する乙女たち“の名を持った特級と並ぶ銘醸畑。ミネラルに富んだ、極上のエレガンス。”美しい女性にメイクアップは必要ない”という考えに基づき、新樽率は低め。ブルゴーニュの中でも最も女性的なピノノワールが持つ”エレガント“という印象では1番に挙がる畑かと思います!シャンボールミュジニーの中でも更に”知的なワイン”とも言われています。誰もが恋い焦がれる極上ワインを生み出し、飲むものを圧倒するほどの威圧感さえ与える程の絶対的な存在!大切な日に大切な人と飲みたい!選ばれた方も幸せですね!

  • 1

ドメーヌ・コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエ シャンボール・ミュジニー プルミエ・クリュ レ・ザムルーズ 2014のまとめ

参考価格 108,614円
ヴィンテージ 2014
ワインカテゴリー 赤ワイン
味わい フルボディ
生産国 フランス
生産地域 ブルゴーニュ
ワインの香り カシスやクランベリーなどの赤い果実の妖艶な香り
受賞経歴 パーカーポイント(94-96)点
ブドウ品種 ピノ・ノワール
プチ情報(アルコール度数) 12%
プチ情報(その他) 17名の所有者のみな持つ偉大な畑

おすすめピノノワール種のワイン8.ブレッド&バターピノノワール 2018

  • Amazonプライム:送料無料
  • Amazon獲得予定ポイント:71P

甘口☆☆★★★辛口

“カリフォルニアで最もロックでパンクなワイナリー”として今、人気のピノ・ノワール。世界中がどこか自然派ブームの中、彼らのワインはアルコール度数の強く、パンチのある味わいのワインを輩出しています!ワイン会社に元々勤めていた彼らは、大企業ならではの体制に疑問を覚え、自らのロックなワインの道へと独立。オバマ大統領主催のランチに採用された実績から、周りからも一気に認められ始めた彼らのワイン。誰が見ても誰が飲んでも素直に楽しめる作品として象徴的な果実味と樽感!ハッキリとしたピノ・ノワール!といった感じでしょうか?素直に楽しく誰かと愉しみたいピノ・ノワールです♫

  • 1

ブレッド&バターピノノワール 2018のまとめ

参考価格 3,550円
ヴィンテージ 2018
ワインカテゴリー 赤ワイン
味わい ミディアムボディ
生産国 アメリカ合衆国
生産地域 カリフォルニア州
ワインの香り ブラックチェリー、オレンジピールの香り
受賞経歴 全米市場調査スーパープレミアム部門No.1ワイナリー
ブドウ品種 ピノ・ノワール
プチ情報(アルコール度数) 13.5%
プチ情報(生産本数) オバマ元大統領主催TPPランチ採用

おすすめピノノワール種のワイン9.モンテス・アルファ ピノ・ノワール

  • Amazonプライム:送料無料
  • Amazon獲得予定ポイント:24P

甘口☆☆☆★★辛口

今やコストパフォーマンスの良さを象徴するワインのモンテスは、1988年”チリ発、チリ人だけのチリワインカンパニー“として、醸造家のアウレリオ・モンテス氏を中心にワイン・ビジネスのスペシャリスト4人が造ったワイナリーです!フランスやイタリアで造られたら、いくらの値段が付くのだろうと思わせるほどの深みとエレガントさ。強すぎない樽感のバニラのニュアンスに紅茶などの複雑な優雅さがなんとも魅力的。お家ピノのお気に入りランキングがあればNo.1を取れるのではないでしょうか?(私調べ)試した事が無いという方は、是非ご賞味いただきたい1本です!

  • 1

モンテス・アルファ ピノ・ノワール のまとめ

参考価格 2,420円
ワインカテゴリー 赤ワイン
味わい ミディアムボディ
生産国 チリ
生産地域 アコンカグア・コースト
ワインの香り 熟したチェリーやラズベリーのような濃密な赤系果実のアロマに白コショウやスミレのような花のニュアンス
受賞経歴 2015年アメリカのワイン誌『ワイン・エンスージアスト』誌が選ぶ「イノベーター・オブ・ザ・イヤー」を受賞。また同じく2015年にアンジェロ・ガヤやミゲル・トーレスといったワイン界の巨匠達が過去に受賞したドイツのグルメ&ワイン専門誌『ファインシュメッカー』の「ライフタイムアチーブメント」をチリ人として初めて受賞
ブドウ品種 ピノ・ノワール
プチ情報(アルコール度数) 13.5%

ピノノワール種(ぶどう)の特徴

世界の赤ワインの中で”エレガントの王“とも言えるピノ・ノワール。中でも”ロマネコンティ”をはじめとする”ブルゴーニュ“のピノ・ノワールがあまりにも有名ですね。ブルゴーニュ以外では栽培出来ない品種とも言われていましたが、現在では、アメリカのカリフォルニアやオレゴンでの栽培成功を皮切りに、世界中で作られる国際品種。ピノノワールは、カベルネソーヴィニヨンなどと違い、ほとんどが単一品種で仕上げられます。その為、造り手の個性や土地の表現がより現れやすく、難しい品種とも言われます。しかし、忠実に仕上がれば素晴らしい仕上がりとなりファンの多い魅力的な葡萄と言えるでしょう。ピノ・ノワールは世界12大産地と言われています。我らがイタリアは入っていないのですが、素晴らしいピノ・ノワール生産者も沢山います(ちょっと高めですけど…)”ピノみたいなぁ”“エレガントでぇ”と良くお客様にも言われます。全体的に熟年齢層に愛されている(怒られるかしら…)イメージ。あの、シャンパーニュも有名な産地のひとつですね。

ピノノワール種で造られたワインの特徴

ピノ・ノワールはフランス、ブルゴーニュ地方が原産の赤ワイン用ブドウ品種。色合いは、青みを帯びた黒に近い色合いや深い紫色をしており、香りはラズベリーやイチゴ、チェリーなどの赤い果実系のチャーミングな香りが特徴的で印象的。深みやエレガントさは際立つものの、一般的に”軽めの赤ワイン”と呼ばれる事が多い黒葡萄品種の一つです。果皮が薄く果汁のエキスの色合いが淡い為、フランスのシャンパーニュや各国のスパークリングワイン等にも用いられています。果実はやや小ぶりで、房が松笠(松ぼっくり)の形の様に似ていることから”Pommes de pin””黒いピノ”から派生して”ピノ・ノワール“と名前が付いたと言われています。

比較的にタンニンは少なく、なめらかでエレガントな味わいのワインに仕上がります。チャーミングでキューティ、フルーティなものから、凝縮感がありながらも繊細で酸味の心地良いリッチなタイプまで様々作られており、産地や造り手の個性によっても味わいは表情を変えます。また、長期の熟成により様々に表情が変化し、魅惑的なワインに変化もしていきます。かつては、ブルゴーニュでしか栽培出来ない!とも言われていたほど、栽培が難しいと言われる品種であり、他の品種とブレンドして造られることが少なく、単一品種の事が多いので良く耳にするのも特徴です。近年では、カリフォルニアやニュージーランドなどでの成功をきっかけに、世界中で栽培される国際品種の一つとなりました。現在では、多種多様なピノ・ノワールが造られていますが、その可能性は今だ広がりつつあるとも言われています。“完熟しているときに雨が降ると、果皮が破れてしまう”そんなピノ・ノワールは、どこか守ってあげたいくらい繊細な存在で、世界中のファンを魅了しているのかもしれませんね。

ピノノワール種(ぶどう)の歴史

ワイン造りとしての歴史はとても古く、ローマ時代までさかのぼると言われています。12世紀シトー派修道僧による葡萄畑の開墾により始まり、シトー修道院は、短期間のうちにコート・ドールのほぼ全域に広がる優良な畑を取得しました。1200年前後には、既に世界一の産地とも呼ばれる様に。”クリマ“の概念が生まれたのも、この時代といわれています。”葡萄の完熟した状態で収穫し選別する”“難しいヴィンテージには除梗する”“新樽で2年間熟成すること””収量をコントロールすること”など彼らが残した功績は計り知れず、今も受け継がれ続けています。19世紀末の病虫害”フィロキセラ“に匹敵するものが14世紀にも現れた事で、再植にあたり人々は病虫に耐性のある”ガメイ“を選択しましたが、ピノ・ノワールの素晴らしさとは比べものになりませんでした。ブルゴーニュ大公がその後、こうした冬の時代を経てコート・ドールの赤ワイン用セパージュとして”ピノ・ノワール”が義務付けられ、ブルゴーニュの評価が再び高評価へ戻ります。20世紀後半にカリフォルニアのワイン醸造家“アンドレ・チェリチェフ”が【神がカベルネ・ソーヴィニヨンを創り、悪魔がピノ・ノワールを創った】という言葉を残しているほど、ピノ・ノワールは栽培は難しいと世界中の造り手たちは謳っています。今では世界中で作られているイメージですが、生産量が少なく、希少価値が高く、お値段が高めなのにも理由がやはりあるということですね!

ピノノワール種(ぶどう)のシノニム(別名)

グロ・ノワリアン、シュペートブルグンダー、ピノ・ネロ、ブラウブルグンダー、ブラウアー・ブルグンダー、ルランドスケー、モドレーなど。一般的には、世界に向けて”ピノ・ノワール”の表記が多くなってきた様に感じます。

私の(ソムリエ的)ピノノワール種で造られたワインの選び方!

こんなにも知名度と人気があるのにも関わらず、意外に栽培面積は全生産量のわずか2.2%程度で、11万8千haしかありません。世界でのピノ・ノワールの生産量ランキングの1位はやはりフランス!各国の特徴をお選びになる参考にしていただければ幸いです。

  • 1位 フランス 32,000ha

    ブルゴーニュを中心に、シャンパーニュでも主要品種として使用されており、アルザスなどでも高貴な赤ワインと作り出しています。ピノ・ノワールだけの単一品種でそれぞれの土地の個性の反映されるワインに仕上がります。

  • 2位 アメリカ 25,000ha

    カリフォルニアの”ヴォーヌ・ロマネ“と賞されるソノマなどを中心に、オレゴン州などでも独特の微気候の影響を受け、冷涼な気候由来のピノ・ノワールが生み出されています。雨量などの違いもあり、キューティな果実味が人気の秘訣ですかね?

  • 3位 ドイツ 12,000ha

    かつては甘口白ワインのイメージが強かったドイツですが、今では世界一美しいとも評される酸味とブルゴーニュにも比肩するような口当たりの良い質の高いピノ・ノワールを生み出しています。バーデンやファルツが主な生産地といわれています。

  • 4位 モルドバ 6,500ha

    モルドバの年間ワイン生産量は約2億リットルで世界ランキング19位(2018年時点)のモルドバですが、フランスのブルゴーニュや北イタリアとほぼ同じ緯度にあり、豊かな土壌でピノ・ノワールが作られています。シンプルな味わいでクセがないのが特徴で、葡萄本来の香りや味わいを楽しめます。

  • 5位 ニュージーランド 5,000ha

    ブルゴーニュ地方に良く似た気候といわれ、ピノ・ノワールの栽培が盛んなニュージーランド。南島セントラル・オタゴや、北島マーティンボロー、マールボロなど多くの優れた産地を擁しています。世界的な評価も近年上がってきています。

その他、日本やイタリアなどのピノ・ノワールも個人的にはオススメです!気分的に穏やかな赤ワインが飲みたい時に選ばれる事が多いかと思いますが、その中でもヴィンテージや生産地によって味わいは幅広いです。一緒に飲み人や合わせたいお料理などでワインを選んでいきたいですね!

ピノノワール種のワインをおすすめした最後に

いかがでしたか?ちょっと大人のチョコレートを貰った時とか、ちょっと良いフィレ肉が安かった時にストックしておきたい品種ですよね!ピノノワールを制すると、少し大人になった気がしますよ。

この記事を書いた人

シニアソムリエ riccimori

シニアソムリエ riccimori

一般社団法人日本ソムリエ協会の『シニアソムリエ』の資格を2011年に取得。大阪ポンテベッキオや京都イルギオットーネ、東京インプリチト/オステリアスプレンディドにてマネージャーを務め、現在はイタリアにて修行and子育て中。