コラム
209Views
1
読み込み中...

初心者から上級者まで愛されるワイン!モンテプルチアーノおすすめ7選【ソムリエ厳選】

モンテプルチアーノ(ワイン)のメインビジュアルの画像
Pocket

モンテプルチアーノとはイタリア中部から南部、主にアドリア海側マルケ州やアブルッツォ州など4州で生産される黒葡萄品種で、濃い色調の赤ワインやDOC チェラスオーロ ダブルッツォ(ロゼワイン)に使用されています。イタリア料理界の料理酒に使われる赤ワインもよく見ると”モンテプルチアーノ”と記載されていることが多く、リーズナブルで生産量の多いものから幻の様なワインまで、バラエティ豊かな品種として人気が高いです。色はしっかりと濃いルビー色で、チェリーやラズベリー、ブラックベリーなどの爽やかな酸味や瑞々しい果実の凝縮された味わいが感じられます。タンニンはまろやかで舌ざわりが良く、ナツメグやシナモンといったスパイスの風味も特徴に挙げられます。熟成したものは色がルビー色から少しオレンジの様に変わり、ベリーなどのフルーツの香りに腐葉土やタバコ、コーヒーなどのニュアンスが加わり、味わいも骨格のしっかりとしたものになります。昔は良く飲んでたな…という方も、実は良く知らないかも?という方にも、この機会に是非味わってみてください!では、

「シニアソムリエがおすすめするアマゾンで購入できるモンテプルチアーノ7選」をご紹介します!

エミディオ・ペペ、モンテプルチアーノ・ダブルッツォ 2010 (赤) 750ml/アブルッツォ州

甘口☆★★★★辛口

私が知ったのは12年前ぐらいでしょうか、リーズナブルなテーブルワイン的イメージのあったモンテプルチアーノが一変した自然派エミディオ。モンテプルチアーノ ダブルッツォの王者と称される造り手です。彼らは、決して生産性の高い王では無く、恐ろしいほどのローテクな農作業を積み上げたもの。 “良いワインは畑で造られるものであって、もし有機栽培を行って、最高のブドウのみ収穫すれば あとは何も加える必要は無く、どうやって完璧なバランスに達することが出来るか、ワイン自信が知っている“ブドウの栽培から醸造、瓶詰め、ラベル貼りに至るまで、全て"人の手"によって造られるということがエミディオペペ氏の信条。 手で除梗され、酵母やSO2を一切添加せずにセメントタンクで発酵させ、その後暫くねかせて、ろ過をせずに瓶詰めされ、長い熟成の後、出荷の直前に手作業でボトルを1本1本デキャンタージュしてからラベルが貼られる。 この彼らの味わいが感じられる暖かい1本。一度は是非にお試しいただきたいです。

  • 1

ウマニ・ロンキ ヨーリオ モンテプルチアーノ・ダブルッツォ 750ml [イタリア/赤ワイン/辛口/ミディアムボディ/1本]

甘口☆☆☆★★辛口

有名な詩人ダヌンツィオの作品「ヨーリオの娘」に由来し、まろやかでフルーツ感たっぷりのエレガントな赤ワイン。 マルケ州でヴェルディッキオ種などを中心にワインを生産するウマニロンキ社が行ってきたモンテプルチアーノの研究成果をもとに造られているコストパフォーマンスのとても高いワイン。 神の雫にも11巻で登場し、ワイン事業部での祝賀会で出され、”天才醸造家ジョゼッペ・カヴィオラを招いて名を上げたウマニロンキ社のコスパ抜群のワイン”と紹介されています!ブドウが持つ可能性を最大限に引き出し、熟したプラムやリコリスのアロマを持つ華やかな赤ワイン。羊のローストや赤身肉の炭火焼、カレーライスやチョコレートタルトまで幅広く合わせていただけます。畑にも伺いましたが、丁寧な仕事で価格を感じさせません。ワインに迷った時是非に!

  • 1

マラミエーロ インカント750ml 赤ワイン

甘口☆★★★★辛口

お手頃なしっかりめ!とお客様にご注文いただいて、良く私がお世話になったワイン。しっかり目のカベルネやメルロー主体のイタリアやフランスワインは少しお高めだったりするのですが、お手頃なのもモンテプルチアーノの良いところ。バリックは使わずにステンレスタンクのみで醸造し、搾ったブドウのモンテプルチアーノ種そのものの味わいを表現しているワイン。インカントとは”魔法“という意味のイタリア語。ラベルに使われている旧マラミエーロが住んでいた家と夕日が魔法のように美しいことから名づけられたそうです。スパイスやミネラル、タバコのニュアンスが重なり、複雑で豊かな香りがあり、果実の見事な厚み。円やかなボディで飲み応えもあり、ブドウの力強さと柔らかさが共存していて実に見事。まさに”魔法”の味わいを持つ素晴らしいモンテプルチアーノ。仲直りの時とかに、出てきたらちょっと良い感じですよね。

  • 1

ガロフォリ"アゴンターノ" ロッソ・コーネロ リゼルヴァ イタリア・マルケ産・赤ワイン・フルボディ・辛口・750ml】

甘口☆☆★★★辛口

こちらは、マルケ州のモンテプルチアーノ。フランス産オークのバリックで約1年熟成、新旧樽のワインを最高の状態でブレンドした後ボトリングされ、自社セラーでさらに最低1年間の熟成された、どっしりしっかりワイン。深く濃いルビー色、ベリー系果実の凝縮した強く芳醇な香りに複雑な様々なスパイス香。しっかりと厚みが有りながら、果実味とタンニンのバランスがとても素晴らしいがっちりワインです。“アゴンターノ”とはその昔地中海世界でヴェネツィア、フィレンツェのコインと並び流通していたアンコーナのコイン名から来ているそうです。フルボディとは、こういうワインを言うよな…という、最近では、あまり見かけない重厚な果実味。今日はしっかりワインが飲みたい!という時に是非おすすめしたい一本です

  • 1

ファルネーゼ カサーレ ヴェッキオ モンテプルチャーノ ダブルッツォ [ 赤ワイン フルボディ 750 ]

甘口☆☆★★★辛口

こちらも神の雫に登場ワイン。19巻で、フードショーが行われている時に、雫がトンポーロー(豚の角煮のような杭州料理)に合わせてふるまったワイン。最近、世界でも注目されているのは、モンテプルチアーノが見事に育ち、ボルドーを圧巻させる豪快で馴染みのある味わいを感じさせてくれること。こちらの造り手さんの、その濃さの秘密は、通常の葡萄は1本の樹に8房程度なのに対して、彼らは2房のみ残して凝縮度と旨味を上げていること。クレームドカシスやインクの様な濃厚さとも言われています。特別なチーズを用意した時や、ビーフシチューや羊肉の煮込み、神の雫的な豚の角煮などと合わせれば最高な食卓になると思いますよ。

  • 1

カルドーラ ユメ モンテプルチアーノ ダブルッツォ【イタリア・アブルッツォ州・赤ワイン・フルボディ・辛口・750ml】

甘口☆☆★★★辛口

造り手さんが、言葉の素晴らしい意味と響きに感銘を受け、若者に夢を持って欲しい!との思いも込めて名付けられた”YUME”。肉厚でジューシー、とても親しみやすさのあるモンテプルチアーノです。こちらも、コストパフォーマンスが高く、果実味がぐっと詰まった、しっかり系赤ワイン。果実の甘味と樽香からの甘味が広がり余韻へと続いていきます。トスカーナやピエモンテ州で同等の濃さを求めると間違い無く倍以上のお値段になると思いますがリーズナブル!それも人気の秘訣ですね!まるで干しぶどうをそのままワインにしたように、ブドウの凝縮感が高く、完熟したプルーンの香りやカカオやシナモンのような甘い香りも感じられ、アメリカのジンファンデルなどがお好きな方にもオススメしたい1本です

  • 1

エドアルド ヴァレンティーニ モンテプルチアーノ ダブルッツォ 2012 赤ワイン 辛口 750ml

甘口☆★★★★辛口

最初におすすめしましたぺぺが王様なら、彼は神だったかもしれません。よく語られる”イタリアのロマネ コンティ“とも言われ、哲人風の故エドアルド・ヴァレンティーニ氏が手掛けたモンテプルチアーノ・ダブルッツォを”15年以上熟成した末に現れる荘厳な世界は音楽、絵画などの芸術作品と同様、人類の創作物の極点にもたとえられる”とまで言われています。赤ワインのリリースは良年に限り、3,000本前後のみ。2012、2006、2001、2000のみ(2018年時点で)しか造られていないのです。一族は1632年以来、一度も除草剤、防虫剤、化学肥料不使用。“神聖な”神のワイン、モンテプルチアーノを深く知るならば外すことは出来ない造り手さんです!イメージが、がらりと変わり必ず好きな品種になると思いますよ!

  • 1

モンテプルチアーノをおすすめした最後に

amazonで購入できる黒葡萄品種のワイン「モンテプルチアーノ」7選をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?テーブルワインとして、また贅沢な1品とぜひ一度味わってみてください!

この記事を書いた人

シニアソムリエ riccimori

シニアソムリエ riccimori

一般社団法人日本ソムリエ協会の『シニアソムリエ』の資格を2011年に取得。大阪ポンテベッキオや京都イルギオットーネ、東京インプリチト/オステリアスプレンディドにてマネージャーを務め、現在はイタリアにて修行and子育て中。