コラム
733Views
1
読み込み中...

初心者から上級者まで愛されるワイン!モンテプルチアーノおすすめ9選【ソムリエ厳選】

モンテプルチアーノ(ワイン)のメインビジュアルの画像
Pocket

イタリアの葡萄品種といえば全体的にコストパフォーマンスが高い印象のモンテプルチアーノ。ただ、もちろん高品質質のモンテプルチアーノもあるです!
今回は「シニアソムリエがおすすめするアマゾンで購入できるモンテプルチアーノ9選」をご紹介します!
昔は良く飲んでたな…という方も、実は良く知らないかも?という方にも、この機会に是非味わってみてください
この記事の目次

※当サイトで掲載しております「参考価格」は為替レート等の影響で変動する(実際の販売価格と異なる)場合がございます。予めご了承ください。場合によっては参考価格より販売価格が低下していることもございますので、詳細な価格は各ワインの購入ページよりお確かめくださいますようお願い申し上げます。

おすすめモンテプルチアーノ1.モンテプルチアーノ・ダブルッツォ 2010

甘口☆★★★★辛口

私が知ったのは12年前ぐらいでしょうか、リーズナブルなテーブルワイン的イメージのあったモンテプルチアーノが一変した自然派エミディオ。モンテプルチアーノ ダブルッツォの王者と称される造り手です。彼らは、決して生産性の高い王では無く、恐ろしいほどのローテクな農作業を積み上げたもの。 “良いワインは畑で造られるものであって、もし有機栽培を行って、最高のブドウのみ収穫すれば あとは何も加える必要は無く、どうやって完璧なバランスに達することが出来るか、ワイン自信が知っている“ブドウの栽培から醸造、瓶詰め、ラベル貼りに至るまで、全て"人の手"によって造られるということがエミディオペペ氏の信条。 手で除梗され、酵母やSO2を一切添加せずにセメントタンクで発酵させ、その後暫くねかせて、ろ過をせずに瓶詰めされ、長い熟成の後、出荷の直前に手作業でボトルを1本1本デキャンタージュしてからラベルが貼られる。 この彼らの味わいが感じられる暖かい1本。一度は是非にお試しいただきたいです。

  • 1

モンテプルチアーノ・ダブルッツォ 2010のまとめ

参考価格 23,800円
ワインカテゴリー 赤ワイン
生産国 イタリア
生産地域 アブルッツォ州
ワインの香り 複雑性があり、エレガントで、コーヒーやアーモンド、ヘーゼルナッツ、ジャム、ドライプラム、熟した果実を想わせるニュアンス
受賞経歴(参考評価) WS95 WA92(2001ヴィンテージ)
ブドウ品種 モンテプルチアーノ100%
プチ情報(アルコール度数) 13.5%
プチ情報(生産本数) ワイナリー全体で50000本

おすすめモンテプルチアーノ2.ヨーリオ モンテプルチアーノ・ダブルッツォ

甘口☆☆☆★★辛口

有名な詩人ダヌンツィオの作品「ヨーリオの娘」に由来し、まろやかでフルーツ感たっぷりのエレガントな赤ワイン。 マルケ州でヴェルディッキオ種などを中心にワインを生産するウマニロンキ社が行ってきたモンテプルチアーノの研究成果をもとに造られているコストパフォーマンスのとても高いワイン。 神の雫にも11巻で登場し、ワイン事業部での祝賀会で出され、”天才醸造家ジョゼッペ・カヴィオラを招いて名を上げたウマニロンキ社のコスパ抜群のワイン”と紹介されています!ブドウが持つ可能性を最大限に引き出し、熟したプラムやリコリスのアロマを持つ華やかな赤ワイン。羊のローストや赤身肉の炭火焼、カレーライスやチョコレートタルトまで幅広く合わせていただけます。畑にも伺いましたが、丁寧な仕事で価格を感じさせません。ワインに迷った時是非に!

  • 1

ヨーリオ モンテプルチアーノ・ダブルッツォのまとめ

参考価格 2,098円
ワインカテゴリー 赤ワイン
生産国 イタリア
生産地域 アブルッツォ州
ワインの香り まろやかでさくらんぼのようなフルーツの豊かな香り
受賞経歴(参考評価) WA90 PP90バックヴィンテージにて
ブドウ品種 モンテプルチアーノ
プチ情報(アルコール度数) 14%

おすすめモンテプルチアーノ3.インカント・モンテプルチアーノ・ダブルッツォ

甘口☆★★★★辛口

お手頃なしっかりめ!とお客様にご注文いただいて、良く私がお世話になったワイン。しっかり目のカベルネやメルロー主体のイタリアやフランスワインは少しお高めだったりするのですが、お手頃なのもモンテプルチアーノの良いところ。バリックは使わずにステンレスタンクのみで醸造し、搾ったブドウのモンテプルチアーノ種そのものの味わいを表現しているワイン。インカントとは”魔法“という意味のイタリア語。ラベルに使われている旧マラミエーロが住んでいた家と夕日が魔法のように美しいことから名づけられたそうです。スパイスやミネラル、タバコのニュアンスが重なり、複雑で豊かな香りがあり、果実の見事な厚み。円やかなボディで飲み応えもあり、ブドウの力強さと柔らかさが共存していて実に見事。まさに”魔法”の味わいを持つ素晴らしいモンテプルチアーノ。仲直りの時とかに、出てきたらちょっと良い感じですよね。

  • 1

インカント・モンテプルチアーノ・ダブルッツォのまとめ

参考価格 3,200円
ワインカテゴリー 赤ワイン
生産国 イタリア
生産地域 アブルッツォ州
ワインの香り チェリーやプラムの果実が入り混じる溌剌とした印象にスパイスやミネラル、タバコのニュアンスが重なり、複雑で豊かな香り
受賞経歴(参考評価) インターナショナルワインコンクールで同ワイナリーのシャルドネ プンタディコッレが世界No.1に
ブドウ品種 モンテプルチアーノ
プチ情報(アルコール度数) 14%
プチ情報(生産本数) ワイナリー全体で年間生産量は40万本

おすすめモンテプルチアーノ4.アゴンターノ コーネロ・リゼルヴァ2016

甘口☆☆★★★辛口

こちらは、マルケ州のモンテプルチアーノ。フランス産オークのバリックで約1年熟成、新旧樽のワインを最高の状態でブレンドした後ボトリングされ、自社セラーでさらに最低1年間の熟成された、どっしりしっかりワイン。深く濃いルビー色、ベリー系果実の凝縮した強く芳醇な香りに複雑な様々なスパイス香。しっかりと厚みが有りながら、果実味とタンニンのバランスがとても素晴らしいがっちりワインです。“アゴンターノ”とはその昔地中海世界でヴェネツィア、フィレンツェのコインと並び流通していたアンコーナのコイン名から来ているそうです。フルボディとは、こういうワインを言うよな…という、最近では、あまり見かけない重厚な果実味。今日はしっかりワインが飲みたい!という時に是非おすすめしたい一本です!

  • 1

アゴンターノ コーネロ・リゼルヴァ2016

参考価格 4,160円
ワインカテゴリー 赤ワイン
生産国 イタリア
生産地域 マルケ州
ワインの香り 熟した赤い果実の濃厚で、複雑な香り
ブドウ品種 モンテプルチアーノ
プチ情報(アルコール度数) 14.5%

おすすめモンテプルチアーノ5.カサーレ ヴェッキオ モンテプルチャーノ ダブルッツォ2017

甘口☆☆★★★辛口

こちらも神の雫に登場ワイン。19巻で、フードショーが行われている時に、雫がトンポーロー(豚の角煮のような杭州料理)に合わせてふるまったワイン。最近、世界でも注目されているのは、モンテプルチアーノが見事に育ち、ボルドーを圧巻させる豪快で馴染みのある味わいを感じさせてくれること。こちらの造り手さんの、その濃さの秘密は、通常の葡萄は1本の樹に8房程度なのに対して、彼らは2房のみ残して凝縮度と旨味を上げていること。クレームドカシスやインクの様な濃厚さとも言われています。特別なチーズを用意した時や、ビーフシチューや羊肉の煮込み、神の雫的な豚の角煮などと合わせれば最高な食卓になると思いますよ。

  • 1

カサーレ ヴェッキオ モンテプルチャーノ ダブルッツォ2017まとめ

参考価格 1,956円
ワインカテゴリー 赤ワイン
生産国 イタリア
生産地域 アブルッツォ州
ワインの香り イチゴやイチジク、干し柿のような苦みのある甘やかな香り
受賞経歴 サクラアワード 2017 ゴールド受賞
ブドウ品種 モンテプルチアーノ
プチ情報(アルコール度数) 12.5%
プチ情報(その他) 神の雫に登場し絶賛されたモンテプルチアーノ

おすすめモンテプルチアーノ6.ユメ モンテプルチアーノ・ダブルッツォ2016

甘口☆☆★★★辛口

造り手さんが、言葉の素晴らしい意味と響きに感銘を受け、若者に夢を持って欲しい!との思いも込めて名付けられた”YUME”。肉厚でジューシー、とても親しみやすさのあるモンテプルチアーノです。こちらも、コストパフォーマンスが高く、果実味がぐっと詰まった、しっかり系赤ワイン。果実の甘味と樽香からの甘味が広がり余韻へと続いていきます。トスカーナやピエモンテ州で同等の濃さを求めると間違い無く倍以上のお値段になると思いますがリーズナブル!それも人気の秘訣ですね!まるで干しぶどうをそのままワインにしたように、ブドウの凝縮感が高く、完熟したプルーンの香りやカカオやシナモンのような甘い香りも感じられ、アメリカのジンファンデルなどがお好きな方にもオススメしたい1本です!

  • 1

ユメ モンテプルチアーノ・ダブルッツォ2016のまとめ

参考価格 2,654円
ワインカテゴリー 赤ワイン
生産国 イタリア
生産地域 アブルッツォ州
ワインの香り 完熟したプルーン、カカオやシナモンのような甘い香り
ブドウ品種 モンテプルチアーノ
プチ情報(アルコール度数) 13%

おすすめモンテプルチアーノ7.エドアルド ヴァレンティーニ モンテプルチアーノ ダブルッツォ 2012

甘口☆★★★★辛口

最初におすすめしましたぺぺが王様なら、彼は神だったかもしれません。よく語られる”イタリアのロマネ コンティ“とも言われ、哲人風の故エドアルド・ヴァレンティーニ氏が手掛けたモンテプルチアーノ・ダブルッツォを”15年以上熟成した末に現れる荘厳な世界は音楽、絵画などの芸術作品と同様、人類の創作物の極点にもたとえられる”とまで言われています。赤ワインのリリースは良年に限り、3,000本前後のみ。2012、2006、2001、2000のみ(2018年時点で)しか造られていないのです。一族は1632年以来、一度も除草剤、防虫剤、化学肥料不使用。“神聖な”神のワイン、モンテプルチアーノを深く知るならば外すことは出来ない造り手さんです!イメージが、がらりと変わり必ず好きな品種になると思いますよ!

  • 1

エドアルド ヴァレンティーニ モンテプルチアーノ ダブルッツォ 2012のまとめ

参考価格 39,043円
ワインカテゴリー 赤ワイン
生産国 イタリア
生産地域 アブルッツォ州
ワインの香り コーヒー豆やカカオ、ドライプルーンやブラックベリーの香り
受賞経歴(ワイナリー) 最優秀ブドウ栽培者賞の受賞履歴有
ブドウ品種 モンテプルチアーノ
プチ情報(アルコール度数) 14%
プチ情報(生産本数) ワインのリリースは良年に限り 3,000本前後

おすすめモンテプルチアーノ8.レオ リパヌス オッフィーダ ロッソ DOC 2013

甘口☆☆★★★辛口

イタリア マルケ州のモンテプルチアーノとカベルネソーヴィニヨンがブレンドされた見事なフルボディの赤。モンテプルチアーノ自体にも力強さはありますがカベルネソーヴィニヨンをプラスすることで、なんともパワフルに仕上がっています。モンテプルチアーノを選ぶ要因として力強さやお値段が大切という方には是非オススメしたい、今時のイタリアには珍しく、色調はかなり濃く、濃密感がある1本。濃縮されたタンニンが楽しめる、コストパフォーマンスの高い赤ワインだと思います。開けたてから果実感は開いていますが、デキャンタなどをすると更に開けたてから香りを引き出せると思います。そんな時は厚切りのサラミや赤身肉のグリルなどに合わせて、しっとりと愉しみたいですね。

  • 0

レオ リパヌス オッフィーダ ロッソ DOC 2013のまとめ

参考価格 2,780円
ワインカテゴリー 赤ワイン
生産国 イタリア
生産地域 マルケ州
ワインの香り 凝縮したザクロ香にほのかな樽香
受賞経歴(参考評価) ヴェロネッリにて2007.2008ヴィンテージがSuper Tre Stelleを獲得
ブドウ品種 モンテプルチアーノ 70%、カベルネソーヴィニヨン 30%
プチ情報(アルコール度数) 14.5%

おすすめモンテプルチアーノ9.モンテプルチアーノ・ダブルッツォ コッリーネ・テラマーネ アルタ・クオタ

甘口★★★★★辛口

最後はDOCGワイン!あの”神の雫”でコスパ絶賛された”グランサッソ”の上級版DOCGワイン!広いモンテプルチアーノダブルッツォエリアの中で唯一DOCG認定された、アブルッツォ州北部のコッリーネ・テラマーネ地区のワイン。2003年にDOCからDOCGに昇格し、近年ワインラヴァーの注目を集めているエリアの1本です。アブルッツォ州にある最も高い山と同じ名前のブランド名=グラン・サッソの名、そしてアルタ クオタとは=標高の高い!と言う意味の、なんともレベルの高い1本なのです!豊かな風味で、しっかりフルボディを持ち、コストパフォーマンスもとても良し!この品種の良さを最大限に引き出せているワインだと思います!モンテプルチアーノ好きさんなら1度はDOCGモンテプルチアーノ楽しみたいですよね!

  • 0

モンテプルチアーノ・ダブルッツォ コッリーネ・テラマーネ アルタ・クオタのまとめ

参考価格 3,493円
ワインカテゴリー 赤ワイン
生産国 イタリア
生産地域 アブルッツォ州
ワインの香り チョコレートやベリー、プラムを思わせるスパイシーな香り
受賞経歴 サクラアワード2019 ゴールド
ブドウ品種 モンテプルチアーノ
プチ情報(アルコール度数) 13.5%

モンテプルチアーノとは?

イタリア中部から南部、主にアドリア海側マルケ州やアブルッツォ州など4州で生産される黒葡萄品種で、濃い色調の赤ワインやDOC チェラスオーロ ダブルッツォ(ロゼワイン)に使用されています。イタリア料理界の料理酒に使われる赤ワインもよく見ると”モンテプルチアーノ”と記載されていることが多く、リーズナブルで生産量の多いものから幻の様なワインまで、バラエティ豊かな品種として人気が高いです。色はしっかりと濃いルビー色で、チェリーやラズベリー、ブラックベリーなどの爽やかな酸味や瑞々しい果実の凝縮された味わいが感じられます。タンニンはまろやかで舌ざわりが良く、ナツメグやシナモンといったスパイスの風味も特徴に挙げられます。熟成したものは色がルビー色から少しオレンジの様に変わり、ベリーなどのフルーツの香りに腐葉土やタバコ、コーヒーなどのニュアンスが加わり、味わいも骨格のしっかりとしたものになります。

モンテプルチアーノの特徴は?

なんといってもコストパフォーマンスの高さ。豊かなタンニンと果実味の豊かさ。2003年にはアブルッツォ州初のD.O.C.G.”モンテプルチアーノ・ダブルッツォ・コッリーネ・テラマーネ“!が認定されました(モンテプルチアーノ90%以上サンジョベーゼ10%まで)!法定熟成期間は2年(うち木樽熟成1年、瓶内洗練6か月)リゼルヴァで3年。ですが、まだまだ日本では認知度が低く、私も日本にいた頃一度しかお目にかかったことはありません。同じアドリア海沿いのマルケ州の南ではD.O.C.G.コーネロやD.O.C.G.オフィーダでも使用されています(85%以上のモンテプルチアーノを使用)。イタリアの代表的な品種サンジョベーゼと比べると酸味は穏やかで色調が紫っぽく強め。特徴的な香りは甘みのあるブラックベリーやスパイス香と言われています。黒葡萄品種としての最大面積は、サンジョベーゼに続き多く、モンテプルチアーノ種の原産地はトスカーナ地方である(ですがモンテプルチアーノ地方で作られるワインはサンジョベーゼ=プルニョロジェンティーレ)可能性が高く、混同されることの多いサンジョベーゼと類縁関係にあるかもしれないそう。20県で生産可能で、成熟がとても遅い為、収穫が早すぎると極度に未熟になり青さが出てしまうこともある為にイタリア北部では、あまり見かけることはありません。

私の(ソムリエ的)モンテプルチアーノの選び方!

軽めのランチを用意するのにどっしりワインは必要無いですよね?勿論しっかりワインがお好きならば構いませんが、折角のお料理が台無しになってしまいます。1000〜2000円台のものなら、樽感が強いものも少なく合わせやすい!良くも悪くも、特徴が突出していなく溶け込みやすいのも特徴。お料理を上手く引き立ててくれる品種とも言えます。良く耳にする”モンテプルチアーノ ダブルッツォDOC”では85%以上のモンテプルチアーノ使用。法定熟成期間は定められていない為、軽やかなものから肉太なもの、長期熟成が可能な頑丈な構成と十分なタンニンが魅力!堅く考えず、ラザーニャやお肉のパスタなら、予算に合わせて気軽にチョイスしたい品種だと思いますよ!

モンテプルチアーノをおすすめした最後に

mazonで購入できる黒葡萄品種の『モンテプルチアーノ』をご紹介しましたがいかがでしたか?品種に拘らずに、いつも飲んでいたワインの裏を見たらモンテプルチアーノだった…とか、イタリア料理店の料理用の赤ワインを見てみたら、実はモンテプルチアーノだった!など、日常の味から引き立てる香、そして最上のワインまで奥深い品種。まだ飲まれたことが無いかも?という方も試していただくと、あの日のイタリア料理を思い出す様な香りを感じれるかと思います!購入したら、先ずはパスタの準備からですかね♫

この記事を書いた人

シニアソムリエ riccimori

シニアソムリエ riccimori

一般社団法人日本ソムリエ協会の『シニアソムリエ』の資格を2011年に取得。大阪ポンテベッキオや京都イルギオットーネ、東京インプリチト/オステリアスプレンディドにてマネージャーを務め、現在はイタリアにて修行and子育て中。