コラム
1079Views
1
読み込み中...

イタリアの高品質スパークリングワイン!フランチャコルタおすすめ7選【ソムリエ厳選】

フランチャコルタのメインビジュアルの画像

イタリア在住の私にとっては、記念日やお祝い事は全てフランチャコルタ!旦那様がエノテカで買ってくるか、レストランやバールで乾杯します!
今日はテイクアウトでイタリア料理!とか、シャンパーニュはちょっと高いしな…とか、そんなきっかけで

「シニアソムリエがおすすめするアマゾンで購入できるフランチャコルタ 7 選」をご参考にしてください!

好きな造り手を作っておくだけでも、ワインリストをレストランで見る時の参考にもなります!
普通のスパークリングワインより一手間加わることでの値段の価値も感じていただけると思いますよ!
この記事の目次

※当サイトで掲載しております「参考価格」は為替レート等の影響で変動する(実際の販売価格と異なる)場合がございます。予めご了承ください。場合によっては参考価格より販売価格が低下していることもございますので、詳細な価格は各ワインの購入ページよりお確かめくださいますようお願い申し上げます。

フランチャコルタおすすめ1.フランチャコルタ・ドサッジョ・ゼロ・ウノ NV アンドレア・アリチ[ ピノノワール・オンライン スパークリングワイン 辛口 イタリア ロンバルディア 750ml ]

甘口★★★★★辛口

超辛口フランチャコルタ!先ずおすすめしたいのが、葡萄本来の旨味で勝負しているこちら。硬質で、まるでシャンパーニュの様なバランス感。お寿司などに合いそうな、昆布出汁的な旨味もあります!高地で育つ葡萄は他の畑よりも 2 週間も収穫が遅いのですが、そのことによる奥深さと旨味が素晴らしいです。”ドサッジョ・ゼロ”とは、直訳では調合無しということで、ここでは糖度の調整を目的として、リキュールを加えることを指します。“土地と造り手の個性を表現するには買い葡萄や 買いワインではなく、栽培から始めるべき“シャンパーニュに比べて遅れているフランチャコルタですが、大切に作られているパワーが伝わるフランチャコルタ。野生のアスパラ、玉ねぎ、ニンニクなども育つ環境の中で身体に染みるエキスを作り出しているのですね!

  • 1

フランチャコルタ・ドサッジョ・ゼロ・ウノ NV アンドレア・アリチのまとめ

参考価格 5,600円
ワインカテゴリー スパークリングワイン
生産国 イタリア
生産地域 ロンバルディア州
ワインの香り 柑橘系果実や白い花の香りにトーストのニュアンス
ブドウ品種 シャルドネ 90%、ピノ ネーロ 10%
プチ情報(アルコール度数) 12.5%

フランチャコルタおすすめ2.フランチャコルタ DOCG ブリュット “エモツィオーネ” ミッレジマート 2014[ ヴィッラ スパークリングワイン 辛口 イタリア ロンバルディア 750ml ]

甘口☆★★★★辛口

私のハウスフランチャコルタとも言える1本。通常他のヴィンテージも混ぜて作られるものがスタンダードキュヴェになるのですが、こちらは全て生産年入りのミッレジマート。30ヵ月の瓶内熟成を経ており、非常にキメ細やかな泡立ちで酸味は柔らかいです。 糖度以上に酸度を見ながら収穫されていて、自社畑葡萄100%。大生産者は葡萄又はワインを購入してフランチャコルタを造るのに対して、彼等は自分たちの畑の葡萄だけを使うことで理想のワインを造っている。毎年レストランへの直売だけで完売してしまう現代のフランチャコルタ。収穫は全て手摘みで行なわれるビオロジック生産者。身体に入るものは出来れば自然が良いですしね。

  • 1

フランチャコルタ DOCG ブリュット “エモツィオーネ” ミッレジマート 2014のまとめ

参考価格 5,200円
ワインカテゴリー スパークリングワイン
生産国 イタリア
生産地域 ロンバルディア州
ワインの香り ピノビアンコから白い花のような香がドライなワインに華やかさを与え、さらには澱由来のパンのような香ばしさが感じられる。
ブドウ品種 シャルドネ80%、ピノ ビアンコ10%、ピノ ネーロ10%
プチ情報(アルコール度数) 12.5%

フランチャコルタおすすめ3.フランチャコルタ ロゼ ブリュット フェルゲッティーナ[ フェルゲッティーナ ロゼスパークリング 辛口 イタリア ロンバルディア 750ml ]

甘口☆☆★★★辛口

プレゼントにも目を引くピラミッドボトルロゼ!特許取得の独自ボトルで、熟成段階における酵母との接触を最大化させることの出来る特別なボトル!イチゴのニュアンスが口の中いっぱいに広がる味わいでキューティーなフランチャコルタ。イタリアに2台しかないという、とても綺麗な果汁を搾れる”マルモニエ“という圧搾機を使用しています。“頑固職人”を絵に描いたような当主が全て自らの手の届く範囲で造り上げています。普段の感謝を込めての贈り物などに最適ですね!

  • 1

フランチャコルタ ロゼ ブリュット フェルゲッティーナのまとめ

参考価格 5,980円
ワインカテゴリー スパークリングワイン
生産国 イタリア
生産地域 ロンバルディア州
ワインの香り フランボワーズ、桜の葉などの心落ち着く香り
受賞経歴 サクラアワード2019でW金賞受賞(VT2014)
ブドウ品種 ピノ・ノワール(ピノ・ネロ) 100%
プチ情報(アルコール度数) 12.5%

フランチャコルタおすすめ4.カボション フランチャコルタ・ブリュット・ミレッジマート[ モンテロッサ スパークリング 辛口 イタリア ロンバルディア 750ml ]

甘口☆★★★★辛口

宝石のカットの方法の名前”カボション”から名付けられた輝くフランチャコルタ。約40ヶ月熟成された、とても力強くパワフルでゴージャスなフランチャコルタ。小規模ながらにシャンパーニュスタイルの高級スパークリングワインであるフランチャコルタのトップワイナリー。“すべて自社畑のブドウを使用し、手摘みによる収穫から発酵までを1時間以内に処理する“という徹底したこだわりによってブドウの香りを最大限に引き出しています。ラベルの高級感も有り、プレゼントや特別な日の乾杯などに用意したい1本ですね!

  • 1

カボション フランチャコルタ・ブリュット・ミレッジマートのまとめ

参考価格 6,946円
ワインカテゴリー スパークリングワイン
生産国 イタリア
生産地域 ロンバルディア州
ワインの香り タバコやスパイスのニュアンスの様な複雑な香り
受賞経歴 ガンベロロッソ2004年版でスプマンテ・オブ・ザ・イヤーを獲得するなど、イタリア国内外で高い評価を得ています。
ブドウ品種 シャルドネ70%ピノネロ30%
プチ情報(アルコール度数) 13%

フランチャコルタおすすめ5.フランチャコルタ・ブラン・ド・ブラン・ブリュット[ カヴァッレーリ スパークリング 辛口 イタリア ロンバルディア 750ml ]

甘口☆★★★★辛口

“シャルドネ100%”にこだわることで知られる造り手(ロゼだけピノネロがブレンド)特に、このスタンダードキュヴェの”ブラン ド ブラン”に定評のある造り手。シャンパーニュでもブラン ド ブランになると少し高価になるところを、この造り手はスタンダードキュヴェからトップキュヴェまで全てブラン ド ブランという拘り!このお値段で飲めるのだから、このキュヴェに定評があるのも頷けますよね!味わいも深く、自社畑で造られる、どこか特別なフランチャコルタ。ちょっと良い魚介料理の日などに選びたいですね!

  • 1

フランチャコルタ・ブラン・ド・ブラン・ブリュットのまとめ

参考価格 5,200円
ワインカテゴリー スパークリングワイン
生産国 イタリア
生産地域 ロンバルディア州
ワインの香り トースト、リンゴ、洋ナシ、パイナップル、熟した白桃、その後に柑橘フルーツや鉱物ミネラルの香り
受賞経歴 「サクラアワード2018 ゴールド受賞」ワイン誌評価 「ビベンダ(ワイン誌評価)2017 4グラッポリ」 「ガンベロロッソ(ワイン誌評価)2017 2ビッキエリ」
ブドウ品種 シャルドネ
プチ情報(アルコール度数) 12.5%
プチ情報(生産本数) 137,000本

フランチャコルタおすすめ6.フランチャコルタ キュヴェ アンナマリア クレメンティ ロゼ 2008[ カ デル ボスコ スパークリング 辛口 イタリア ロンバルディア 750ml ]

甘口☆☆★★★辛口

創業者でフランチャコルタ協会会長であるマウリツィオ ザネッラ氏が率いるカ デル ボスコ社は全てのワインのレベルが非常に高く、イタリア最高のワイナリーのひとつ!その中でもトップキュヴェの素晴らしい深い薔薇色のロゼ。ザネッラ史の母上アンナマリア・クレメンティ・ザネッラ女史に捧げられた特別キュヴェ。ベースになる4種類のワインは14℃に保って36時間スキンコンタクト、7ヶ月かけてアルコール発酵、瓶詰めした後、地下セラーでさらになんと84ヶ月シュールリー。なんとも深い味わいは、まさに特別!レストランでグラスで飲める機会は中々無いでしょうし、ボトルだとかなり高価。お家価格だからこそ飲める特別泡!大事な方と飲みたいですね!

  • 1

フランチャコルタ キュヴェ アンナマリア クレメンティ ロゼ 2008のまとめ

参考価格 25,740円
ワインカテゴリー スパークリングワイン
生産国 イタリア
生産地域 ロンバルディア州
ワインの香り 卓越したアロマティックフィネスをもち、豊かで調和のとれた味わい。
受賞経歴 ワイン誌評価 2008VT「ビベンダ(ワイン誌評価)2019 5グラッポリ」「ガンベロロッソ(ワイン誌評価)2019 2ビッキエリ」
ブドウ品種 ピノ・ノワール(ピノ・ネロ)
プチ情報(アルコール度数) 13%
プチ情報(生産本数) 6.000本

フランチャコルタおすすめ7.サテン 2010[ ベラヴィスタ スパークリング 中辛口 イタリア ロンバルディア 750ml ]

甘口☆★★★★辛口

シャルドネの真骨頂とも言えるキュヴェ。 フランチャコルタだけに許される”サテン”の中でも、このベッラヴィスタは私の中ではトップのクオリティ。“ブラン ド ブランを飲めば、そのメゾンの真価がわかる!”とも言われており、 このサテンに仕様されているシャルドネを感じればフランチャコルタ2トップとも言われるワイナリーに事が感じれると思います。口当たりは、まさに”サテン=シルク“ガス圧が低い事もあり、とてもクリーミーで、全ての要素がバランスよくまとまっている1本。レストランなどでサテンを選ばれる方は、センスのある方だなぁと良く思っていました。疲れた身体にも、圧が柔らかく染みてくれますよ!

  • 1

サテン 2010(ベラヴィスタ)のまとめ

参考価格 8,999円
ワインカテゴリー スパークリングワイン
生産国 イタリア
生産地域 ロンバルディア州
ワインの香り 桃の花や蜂蜜、レモンなどの柑橘系果実、ヘーゼルナッツ、スパイスなど、 複雑で豊かなアロマ
受賞経歴 2014VT 「WA90点」「WS94点」2013VT「JS91点」
ベラヴィスタ(ワイナリー)について イタリア有数のワイン評価誌、ガンベロ・ロッソ 2008年版において年間最優秀ワイン醸造家に選ばれる名匠(ワイナリー)です。フランチャコルタきっての名門として有名。
ブドウ品種 シャルドネ100%
プチ情報(アルコール度数) 12.5%

フランチャコルタとは?

イタリア ロンバルディア州で作られる”イタリアの奇跡“と賞され、シャンパーニュと並ぶ上質なスパークリングワインです。生産量はシャンパーニュの 5%ほどと少なく、しかもその 9 割ほどはイタリア本国で消費される為に世界的な知名度は高くありません。のに、日本でもそこそこ聞いたことがある!実は輸出先のトップは日本。泡と乾杯好きの日本人。繊細で贅沢な味わいのフランチャコルタは和食との相性も抜群で、日本人にとても愛されているんです!

フランチャコルタとシャンパーニュの違いについて

フランチャコルタが造られるのは、北イタリアのミラノから車で約 1 時間イゼオ湖の南に位置する丘陵地帯で、ブドウ畑の栽培面積は 3,000ha ほど。シャンパーニュ地方の 1/10 以下。フランチャコルタの醸造方法は、シャンパーニュ同様、最も伝統的で手間のかかる瓶内ニ次発酵方式。これは一次発酵が終わった白ワインを瓶詰めし、糖分と酵母を加えて瓶内で再発酵する手法ですが、法定熟成期間はシャンパーニュの 15 ヶ月に対し、通常、最低 18 ヶ月は二次発酵後の瓶内で熟成する必要があります。それだけフランチャコルタの方が製造に手間がかかっているということなのです。

フランチャコルタの5種類のカテゴリーについて

フランチャコルタには熟成期間や使用品種によって大きく分けて5種類のカテゴリーがあります。 「フランチャコルタ ブリュット」は収穫から市場に出荷されるまでに最低18ヶ月程度かかります。使用品種はシャルドネ、ピノ・ネーロ、ピノ・ビアンコ、エルバマット(※2017VT以降)。50%を上限にピノ・ビアンコ、10%を上限にエルバマットの使用が認められています。

「フランチャコルタ サテン」は収穫から市場に出荷されるまでに24ヶ月程度かかります。世界で唯一フランチャコルタのみが許されたカテゴリで、白ブドウのみで造られるブラン・ド・ブラン。使用品種はシャルドネ50%とピノ・ビアンコの使用も認められています。最低ガス圧を通常の5気圧より低く規定しエレガントで柔らかくきめ細やかなスパークリングワインを作り上げています!

「フランチャコルタ ロゼ」収穫から市場に出荷されるまでに最低24ヶ月程度かかります。使用品種はシャルドネ、ピノ・ビアンコ、ピノ・ネーロ、エルバマット(※2017VT以降)などでそれぞれの品種によって使用上限が定められています。

「フランチャコルタ ミッレジマート」は熟成期間は最低37ヶ月程度かかります。ミッレジマートは作柄の品質が特に良く、よりも長い熟成期間を経るとワインの価値が高まる収穫年度に造られます。使用品種はシャルドネ、ピノ・ネーロ、ピノ・ビアンコ、エルバマット(※2017VT以降)となっています。

「フランチャコルタ リゼルヴァ」は収穫から市場に出荷されるまでに最低67ヶ月(5年半)程度かかります。生産規則では最低熟成期間を5年と定められているため他のフランチャコルタよりも手間暇がかかっています。使用品種は「ミッレジマート」同様にシャルドネ、ピノ・ビアンコ、ピノ・ネーロ、エルバマット(※2017VT以降)となっています。

フランチャコルタの記事にておすすめしたワインのまとめ

フランチャコルタをおすすめした最後に

amazonで購入できるイタリア産高品質スパークリングワイン『フランチャコルタ』のおすすめをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?「フランチャコルタ」は聞いたことがあるけど、「フランチャコルタ ミッレジマート」や「フランチャコルタ リゼルヴァ」など中々耳にしたことがないという方も多いのではないでしょうか?スパークリングワインで辛口を探していて、ちょっと贅沢な瞬間を愉しみたいという方、一度試飲する価値があると思います!ご自宅で『フランチャコルタ』を愉しめるなんて素敵ですよね♪

この記事を書いた人

シニアソムリエ riccimori

シニアソムリエ riccimori

一般社団法人日本ソムリエ協会の『シニアソムリエ』の資格を2011年に取得。大阪ポンテベッキオや京都イルギオットーネ、東京インプリチト/オステリアスプレンディドにてマネージャーを務め、現在はイタリアにて修行and子育て中。